precious memories

亀梨和也が好き KAT-TUNが好き そんな気持ちをありのまま、感情のままに綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

THE 一 ~Follow me~ 神戸 7/13 MC

ではでは、覚えてるうちに、初日のMC



「こんばんは」
「KAT-TUNだったら 「Hey!」とかできんだけど、「こんばんは」」

「あのねぇ、見事に、ジャニーズに入って19年、KAT-TUN結成して11年、びっくりするぐらいMCなんも考えてきてない (笑)」

そりゃビックリだ (笑)
でも、私、このツアーが始まる前、というより、ソロコンをもし亀梨くんがするとしたら・・・という想像の時点から、MCで亀梨くんが喋ってるところだけはどうしても浮かんでこなくて
1人で一体何を話すんだろう
どんな風に話を進めていくんだろう
全く想像できなかったのが事実 (≧m≦)


OPの映像は、亀梨くんの自撮り
車とか会場に入るところとか
「いちいち説明するのはダサいけど」 と言いつつ、亀梨くんの構想を話してくれました

あれは、自分の時系列と、ファンが会場に入ってくるところや、前日のプレ販で、同じ時刻を映したもの
亀梨くんの2時~3時と、ファンの2時~3時を合わせた

「俺がやることって、ややこしかったりするじゃん。 気付くかな、気付かないかな、ぐらいのところで今回も」

うん、そこはめっちゃ亀梨くんらしい (≧m≦)

始まる前の注意事項
「わかった? うちの2人が、やってくれて。 ありがたいっすね」

もちろんわかったし、すごーく嬉しかった

ペットボトルの水を飲む亀梨くん
客席は飲食禁止だから、「ごめんね」 と後ろを向いて
そして、そのペットボトルホルダーを指さして、
「これ、可愛くない?」

なんと、グッズのショッピングバッグをリメイクして作ったらしい
同じものを作る人、たくさんいそう (≧m≦)

「自分のグッズ、初日からリメイクしやがってって (笑)」
「皆さんもバッグを2枚3枚買って・・」

3つ目のグッズ販促 (笑)

ニッカンスポーツドラマ大賞でボク運が4冠とったお礼

24時間テレビの話になって、
「こんなこと言っちゃあれだけど、最初の何公演分って、貴重なんです」
「阿久悠さんにならなきゃいけないから」

そして、髪を切る仕草を

ファン 「えぇーーーーっ」

「しょうがないでしょ (笑)」
「だから、最初のうちに来てる人は、結構ラッキーガールだよ」

一体どれだけ切るんだ・・・
どんな髪型になるんだ・・・

「だから今はクリンクリンを楽しもうかなって」

確かに、最初は気付かなかったんだけど、汗で濡れた髪の毛が、途中からクリンクリンになってて、それはそれで可愛かった~

ファン 「えぇーーーー・・・」

「えぇって言うなよ。 こっちだって一生懸命やろうとしてるのに」

うん、頑張れっ

「昔から思ってたんだけど、俺のファンの人ってさ、髪型とか細かいよね」

バレてた? (笑)
えぇ、仰る通りです
でも、髪型って大事よ~ (≧m≦)

「いいじゃないの~、もう31歳だよ、31ちゃいだからさぁ」
「わかるよ、わかるんだよ、こんなのが好きなんだろうなとか、こんなことしたら喜ぶんだろうなとか、わかるよ!」
「けどさ、あるじゃん・・・反抗期?笑」

いくつまで反抗期なんだ (笑)

「天邪鬼じゃん、俺」

ファン、納得の空気 (笑)

歌って踊ってる時はいいけど、普通に喋ってこの距離感は、
「普通の亀梨くんになっちゃうよね」

メンバーがいたりKAT-TUNの時はもうちょっとカッコつけられる、と

「あ、どうも、お久しぶりです」
となるような距離感だと

「思いのほか汗かいて、(髪が) クリックリなっちゃってますけど」
ファン 「可愛いー!」

クリックリの頭をフリッフリする亀梨くん
ファン 「キャー!!」

「いいね、“キャー”」
「それをこのツアーで充電させてもらいたいから、宜しくね」

みんなで 「キャー!!」 を充電させてあげましょう (笑)


「今回、マッコイさん・・マッコイさんちゃう、天の声さん (笑)」

大丈夫、みーんな知ってるから (笑)
そして、天の声さんコーナーの続きを亀梨くんと一緒に

「俺、ニベア使ってないんだけど」

若いお嬢さんに声をかける天の声さん
「この人知ってる?」
女性 「亀梨くん」
「どうですか?」
女性 「カッコいい」
「芸能人では誰が好きですか」
女性 「ジェネレーションズ」

亀梨 「おーい!!」

「ジャニーズだと、もちろん?」
女性 「大野くん」

コケっとした後、ステージ上で寝転がりながら見る亀梨くんが超可愛い

亀梨 「忍びの国ね」

次は中華街で取材

亀梨 「中華行きたーい」

お父さんに写真見せて質問するも、全然知らない、と言った後、「あ、稲垣くん!」

完全にステージ上のゴローンと転がる亀梨くん
亀梨 「初めて言われたなぁ」

その後、腹這いになって、足を曲げて、ピョコピョコピョコ

イケメンやな、というお父さんに、ガッツポーズ

天の声 「おーい、亀梨! お前、名前をかずやじゃなくてかずなりにしたら?」
亀梨 「親が悲しむわ」

「神戸、全然知られてないね。 頑張ろ」

帰り道、うちわをずっと胸に当てて帰って、と
バスタオルを肩からかけて帰って、と (←バスタオルも販促)

バスタオルのロゴの唇マークを、真ん中にバーンって載せるよりも、肩からかけたときに、真ん中より片方の肩にあったほうが可愛い、というのを、詳しく説明せずに、実際肩にかけてみて、
「言いたい事わかるでしょ、結構付き合い長いでしょ」

「初日とか、特に付き合い長い人の集まりじゃないの」

なぜそれを・・・・・・(笑)

「初めての人も、クセのある亀梨くんを楽しんでいってください」
「とにかく、身を委ねて、楽しんでください」


思った以上に、亀梨くんはファンのことをよくわかってらっしゃることがわかりました (笑)

スポンサーサイト

| 亀梨和也ソロコンサート | 21:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bubkame.blog50.fc2.com/tb.php/8159-f5fb4629

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT