precious memories

亀梨和也が好き KAT-TUNが好き そんな気持ちをありのまま、感情のままに綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

KAT-TUN 亀梨和也のHANG OUT 第286回

今日、春休みに入った姪っこがうちに来たので、ラジオレポする時間が全く作れなかった ( ̄▽ ̄ ;

今日のシューイチ
画面上にKAT-TUN3人が揃いましたね (^^)
『PとJK』 サプライズイベントで神対応を見せる亀梨くん
対して、「しろど…しどろもどろになっちゃいますね」 噛み対応のゆっち (笑)


おはようございます
3月18日土曜日の朝
皆さんいかがお過ごしですか
亀梨和也です

さぁ、桜、そろそろ咲きます?
もうそんな時期か
うん

改めましておはようございます
KAT-TUN亀梨和也です
さぁ今日も宜しく、お願いします



我が家クイズ
私の家では他の家では聞いたことのない変わった挨拶があります
それが、「ごん」
何の挨拶でしょうか
言い方は、「ごん」 だったり、「ごーん」 だったり、気分で変わる
ちなみに他のお家にお邪魔したときは言わないので使い分けてる
亀梨くん、わかりますか

他のお家では、使わない挨拶
お邪魔しますとか
いただきます
お世話になりました
とか
おやすみなさい
こんにちは


亀梨くんの 「いただきます」 でわかったぞ、私は

お家にお邪魔した時使いそうな・・・
ごん、ごーん、ごーん
挨拶?
挨拶か
「よっ」 みたいな (笑)
フッフッフッフッフッ
Hey! What's up? 的な
「よっ!」

さぁ正解は・・・・・
「ごちそうさま」
ん~ん


私が小さい時に 「ごちそうさまでした」 が言えなかったらしく、手を合わせて 「ごーん」 と言っていたのが始まりらしく、今でもたまに癖で言ってしまう
どうでしたか、わかりましたか?

わかるわけないっ
フハハハ ハハハ


私はわかったってば (笑)

今でも使うってすごいね
「あーお腹いっぱい、ごん」
フフフフフフ
わかんないわかんない、絶対わかんないよ (笑)
フフフッ


「いただきます」 が出たんだから、「ご」 から始まる 「ごちそうさま」 も浮かんできそうなもんだが (笑)


リクエスト
亀ちゃん、31歳お誕生日おめでとうございます
亀ちゃんが31になるということで、亀ちゃんが演じた役柄の1人と同い年になるというのがわかりますか
それは、『俺俺』 に出てきた、瀬島の俺と同い年になるんです
亀ちゃんが裏設定的なことで仰っていたのですが覚えてますか

も、全っ然覚えてないですね (笑)
なんか勝手に、言ってたよね
こいつはこうこうこうで、とか
もう4年前ぐらいになるのか
あっという間だなぁ~


曲のリクエストは 『俺俺』 の主題歌

KAT-TUN 『FACE to Face』


亀梨和也のHANG OUT
さぁ、ついに、来ました!
いよいよですね、来週25日公開となります映画 『PとJK』 で、え~ヒロインのですね、本谷歌子ちゃん、演じて、いただきました、土屋太鳳さんです!


みなさんはじめまして
土屋太鳳と申します


じゃ早速ですね、色々あの、伺っていきたいんですが
今、ね、こうプロモーションで結構ね一緒にお仕事さしていただく時間、多いですけど
お忙しいですか

まぁ
他の作品もだって
今、撮ってますねぇ
撮ってたり
多分功太くんの前なんでちょっと、2日間寝てないので、ほとんど寝てないので、あの~、ボーッとしてたら、たくさんツッコんでいただけると嬉しいです (笑)
フハハハハハ
いやでもほんとタイトに、働いてるよね
だって、兄に愛されすぎてるし、困っちゃうよね (笑)
フッフッフッフッフッフッ

困っちゃいますねぇ (笑)
困っちゃうよねぇ、もう立て続け、今年だって映画公開何本あんの?
4本
亀梨&バブ すごいねぇ!
ん~~ほんっとに
大丈夫?
だ、大丈夫です
い、生きてる? 息してる、今? (笑)
してます (笑)
大丈夫? いやもうほんとにね、お忙しい中、この番組にも出演していただきましてありがとうござます
こちらこそありがとうございます

じゃあまず改めてその 『PとJK』 の、お話を、ちょっとうかがっていきたいんですが、
今回のその役どころを、教えてください


恋愛初心者の女子高生が、功太くんという・・・
と話し始めて、

ちょっと! 嬉しいんですけどなんか (笑)
なんで笑ってんの (笑)
あの多分皆さん見えてらっしゃらないと思うんですけど
いや見えてないだろうね、ラジオだからね (笑)
ラジオで、もし見えてたらかなりの (笑)、能力を持ってる人たちだってことんなるから
これちょっと見えてないです、すいません

いつも、すごく頷きながら話を聞いて下さって (笑)
それが今、すごく頷いてくださってたので面白くなっちゃいました


可愛いなぁ (笑)

改めて役どころを
恋愛初心者の女子高生が功太くんという1人の男性と出会って、いきなり結婚してしまうという、素敵な時間を過ごせる女の子だ、ですけれど
うん、女の子だ (笑) 
フハハハハハ
今日ちょっと今ボーッとしてるね (笑)
今日ちょっと、いつも以上言葉出てこない感じあります
でもその純粋な、女子高生を演じた、ということですけれども
どうでした、この、原作の、ある作品でしたけれど
土屋さん今22歳
でも結構学生役、も多いよね


高校生役は高校卒業してから多くなったと

へぇ~
実際のそういう年齢・・だってお仕事いくつで始めたんだっけ?
13が、映画で
そっか、じゃあ・・までも確かに、僕も学生、終わってから学生やってたかも

これ原作って元々は
原作は存じ上げていたんですけど
お友達が好きだったってね


高校のダンス部のキャプテンと副キャプテンがすごく好きで、役が決まった時は友達からのプレッシャーがものすごかったと

もうね、そうだ、やっぱ原作のものをやるときの、いい緊張感というか、やっぱ、原作のね、その、ルックスであったりとかイメージっていうのも、あるからそこは僕たちのひとつ、ま、課題というか、テーマも、でもあるよね
どういうふうに、作り上げていくかっていうね


色んな面での責任であったり緊張感、不安が、演じて終わってからも続くので、課題だなと思う
でも今回、原作をリスペクトすることを大切にして、その上で映画だからこそ伝えられる何かを見つけていくことが大事なんだと感じた、と太鳳ちゃん

そうですね、もう、またね、今回の廣木監督がね、あのほんとに、素敵な世界観を作ってくださったんで僕たちはそこに、完全身を委ねて、お芝居にね、まぁあの、それぞれの、役に集中、さしてもらったんじゃないかなっていうふうに、思いますが

どうですか
僕の第一印象とか、撮影初日のこととかちょっと話してみます?
どうですかちょっと
第一印象どうでした?


最初に会ったのは東京での本読み
第一印象は、すごくクールな方なのかなと思っていて
10歳の時に 『野ブタをプロデュース』 を見て、文化祭では仕事をたくさんできる出来るって言っちゃいけない、ほんとに自分のやりたいことをやろうっていうふうに人としても学園ドラマとしてもすごく衝撃を受けた作品だったので、この方とご一緒するのか、ほんとかなと思って、ドッキリかなと思ったと

どうだったんですか
実際ドッキリだったんですか、それは

ドッキリじゃなかったです (笑)
フハハハハハ ほんとでした?
ほんと~良かった良かった
これがもう、ね、太鳳ちゃんが今ドッキリでしたっつったら公開されない、ことみたいになっちゃう
良かったですねぇ


ご一緒させていただいて、すごく面白くて優しくて、たくさんツッコんでいただいて、感謝しても感謝しきれない

いや僕はぁ、もう、元々やっぱその、イメージが、や、ほんと純粋で、真面目で、すごく周りに気を使ってっていう印象がすごくあったので、
もう現場来てその、初めて会ったときも、ドラマの撮影が終わって、こっち来てくれて、またこれ終わってから違う仕事行くみたいな、感じだったと思うんですけど
もう原作とかもカバンから
なんかカバンに、常に (笑) いっぱい入ってるよね (笑)
カバンからなんかバサバサってこう色んな物出てきてその原作ドーン出てきて

いや本読みした印象があって、で、終わって
ある種第一印象から、いい意味でだよ、ほんと変わらないっていうか
なんか
でもすごいよね、どんなスケジュールでもちゃんと保ってんのが
いやそこはね、ちょっと見習いたいなっというふうに、思いますけれど

どうですか、撮影始まって、なんか印象に残ってることとか、思い出とかありますか
あとお部屋も、僕はホテルでしたけど、マンスリーの、マンションですか


カコちゃんが功太くんの家で家事をする気持ちに少しでも近づけたらと思って、ウィークリーマンション1ヶ月間借りて自炊してた

お部屋とかなんか、自分の、なんか物持ってったりとかしたんですか
そうですね、なんかこう、足を踏むやつ
足ツボの?
渋いの持ってったね
フハハハ ハハッ
土屋太鳳渋いねぇ
足ツボ押し? (笑)
ボコボコ出てるやつ?
まさかあの、ここが目、とか書いてある、あの本格的なやつじゃなくて?
ちょっと、おしゃれなやつ?


正方形で、色んな形の石が出てるみたいな、ちゃんとした整体の方が作ったと言われるやつ

それはもう、元々愛用?
元々愛用してて
どういうタイミングでやるんですか
でも帰ったらが多かったですね
撮影終わって帰ったら、まず、ツボを押すっていう (笑)
フハハハ
へぇ~ (笑)面白いねぇ~ (笑)
なんかさぁ、女の子 (笑)、わかんないよ、これ勝手なイメージだけど、
こうなんかいつも使ってる、部屋で、ちょっと寒い時にソファーとか座ってる時にかけてるブランケット、なんか自分の匂いついてるし、とか
クッションが、とか
ちょっと、女の子エピソードも言っといたら?
ちょっとこれ顔見えてないから、足ツボを・・うん、足ツボの女子みたいになってきちゃうから


香りは大事にしてた
柑橘系の香りをカコちゃんにはピッタリだなと思って

あ、役によってなんかそういう、匂いって変える?
変えますね
へぇ~!
でも元々自分の匂いは、知りつつ
うん、どんな (笑) 自分の匂いは知ってる (笑)
好きな匂いはね
うん


カコちゃんだったら柑橘系がいいかなとか、香りは家ですごく大事にしてる

結構でも、ロケとか多いでしょ、この作品に限らず
なんかそういう時絶対持ってくものとかあるんですか?

あ、ドライヤーは絶対持っていきます
へぇ~~
やっぱり、あの風圧がいいほうが
フハハハハ
渇き早いしね
髪の毛にもね、いいやつをね
ちょっと女優さんだからね
じゃ、今後もじゃあドライヤーはしっかりと
ケアーも、足ツボしながら髪のケアーもぜひね、ちゃんとしてほしいなっていうふうに (笑)、思いますが

だいじょぶかな、これ
だいじょぶですよぉ

太鳳ちゃんから曲の選曲
普段音楽はクラシックから民族音楽まで色んな音楽を聴く太鳳ちゃん

そっか、創作ダンスとか、やったりするから

親の影響もある
色んな音楽を昔から聴いていた

じゃあ今日ちょっと、ね、用意できる範囲ですけど (笑)、何か、ありますかねぇ
これいいのかなぁ
どうぞ
『青春アミーゴ』
ハハハハハハハ!
ほんとですか
でもそうなんだよね、CD、子供の頃に買ってくれた
初めてCDを買ったのが 『青春アミーゴ』 で、あの、なんか10歳の時に、
ランドセル太鳳、ランドセル太鳳がいた時?

そうです、はい、ランドセル太鳳が (笑) いた時に、あの、その時ちょうどこの世界に入るときの、ミスフェニックスっていうオーディションで、歌を歌わないといけなくて
で、カラオケでちょっと練習してて
その時 『青春アミーゴ』 だけ歌いたくてどうしても
ほんとに、自分にとってはすごく大きい、歌というか

嬉しいなぁ
ドラマに然り、までもそういう世代なん・・もう12年前ですからね~

もうぜひ、あの、こう気を引き締めて聴かせていただきます (笑)
そこ (笑)、別にそんなにね、気引き締めなくていいよ
リラックスして聴いてもらって
うん


修二と彰 『青春アミーゴ』

さぁというわけで今回ですね、土屋太鳳さんと、共にお送りさしていただいてますもうスペシャルバージョンですね
ほんとにありがとうございますお忙しい中

こちらこそ、いつも、ありがとうございます (笑)
とんでもないです (笑)
え、眠くないですよ
うん、元気よく、もうちょいね、頑張っていきたいなと思いますけども (笑)

廣木監督とのお仕事は、今回2度目ですか?


2度目
一回目は短編ドラマでミステリー、監督の演出に衝撃を受けた
相手の女優さんのお芝居を見て、用意スタートがかかる前に回して、そのまま本番が始まる
教室のシーン
ある女優さんが感情を作って、別に感情が溢れるシーンじゃないけど、でも明るいシーンではなかった
監督がその子の顔を見て 「回して」 って言って、「本番、用意スタート」 って言って本番が始まる

へぇ~
あ、じゃあもう、「いきますよ、本番、用意スタート」 じゃなくて、もう、監督が、小声で
いつ本番がじゃあ始まってるかわかんない

わからない、その緊張感、ミステリーならではの緊張感みたいなのはすごく感じて、で、またご一緒したいと思って、いつかまたご一緒できるように絶対頑張りますっていうのを、最後のロケバスの中で伝えて
そしたらその、半年後 『PとJK』
結構早めに叶ったね
でも、そうだったんですね
じゃ今回は、それを踏まえた上で廣木監督とのお仕事っていうのは、いかがでしたか


すごく嬉しかったと同時に、緊張感があった
ちょうど自分のお芝居に癖がついてるんじゃないかと考えてた時期だったので

またそのスケジュールで色々役やってると、ちょっと、難しくね、自分の中で頭ん中でね
これってさ、やればやるほどさぁ、お芝居ってさぁ、全く、違う、キャラクターを演じたりするんだけど、
なんか、あ、この感じ、あの役、の感じにちょっと近いのか、近くなっちゃってんのかなとか、
なんかやればやるほど
あるよね
そんなこと考えちゃいけないんだろうけど感覚としてさぁ、残ってたりすることがあったりとか

この仕事ってほんとにやればやるほど難しくなっていくっていうか
ま、ある種だから、いい意味でもなんか、ちゃんとその役を置いてく作業っていうのも、年々必要になってくなっていう、感覚を、ちゃんと忘れるというか置いてくというか
やったものを置いてく作業っていう、ことの、なんだろな、忘れるとか、もうあの作品忘れちゃったとかそういうことじゃなくて、
愛情もちろんすごく注ぐじゃない、その時って、キャラクターに
けどやっぱ次の作品が入ってったら次に向かわなきゃいけないときの、感覚、として、の置いてき方、は1つ、テーマなのかな今後の、って俺も、すごく思うな


だからこそ、その時間を大事にするというか、切り替える為にも今いる時間をより大事に過ごして

経験とかはね、もちろん、積み重なっていって、すごく自分を助けてくれることもあるけれど
役、のその、フィルターっていうか、うん、なんか、なんて言ったらいいかわかるわかる
うん


その時に廣木監督に、「演じるな、そのままでいろ」 って言われた
でも今まで自分は自分の時間を削って役に注ぐことが役作りと思っていたので、そのままでいろって言われたら、土屋太鳳じゃん、って思ったけど、撮影してくにつれて、カメラの前で力を抜いて呼吸することが大事なんだとか
功太くんと一緒にお芝居について話してて、1つ1つ真実味があるシーンにすることに話しあったりしてると、土屋太鳳としてもカコちゃんとしても呼吸できた気がして、
なんかほんとに、あの、ありがとうございました

ハハいや、俺?
監督じゃなくて (笑) 
監督もね、やっぱ、引っ張ってってくれましたしね

お時間が、来たし、来てしまったと
色々ね、他に質問が、ちょっと用意してたんですが
あっという間にちょっとお時間だと、いうことで

じゃ最後にですね、あの~太鳳ちゃんからですね、この、HANG OUTをお聴きの、リスナーの皆さんへ、メッセージを、宜しくお願いします


はい
HANG OUTをお聴きの皆さん
『PとJK』、とてもピュアで温かくて、素敵な物語になってます
ぜひ、功太くんと歌子ちゃんと一緒に、楽しい時間を過ごしていただけたら嬉しいです
宜しくお願い致します


ほんと素敵なメッセージありがとうございました
というわけで、土屋太鳳さんでした~
ありがとうございましたぁ



~エンディング~

さぁいかがだったでしょうか
第286回KAT-TUN亀梨和也のHANG OUT

いよいよ来週、25日にですね、映画 『PとJK』 が公開となりまーす!
いやぁ~ちょっとドキドキしてきますね、やっぱ公開近づいてくると
うん

大野さん!
ぜひですね、映画 『PとJK』、ご覧ください
宜しくお願いします

あの、男性のですね、方も、受け取っていただける、何かこう、共通のですね、あの、想いが、詰まってると思いますので
あのぜひぜひあの~、若者向け、女の子向けでしょ、と言わずにですね、ぜひぜひ、ご覧ください
あの楽園ラジオのスタッフの皆さんと、フハハハ ぜひぜひ、宜しくお願いします

さぁそれではお相手はKAT-TUN亀梨和也でした
僕とはまた来週
じゃねん


スポンサーサイト

| KAT-TUN亀梨和也のHANG OUT | 21:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bubkame.blog50.fc2.com/tb.php/8011-4dd98e95

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT