precious memories

亀梨和也が好き KAT-TUNが好き そんな気持ちをありのまま、感情のままに綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ザテレビジョン』

完成披露試写会の告知があっても、それだけならいくら安いTV誌でも、買うのはどうしようかなぁ〜と思っていたんですが、

ジャニーズ全13組 “歌声完全解析” という企画の中に、ちゃんとKAT-TUNが (T▽T)

もちろん、即購入

歌声の解析は、日本音響研修所のあの鈴木さん

ユニゾンパートをメーンに解析ということで、KAT-TUNは 『君のユメ ぼくのユメ』 の 1番のサビ
「行こう 僕らなら飛べるぜ そう思えたんだ」

イヤホンでこの曲を聴きながら読みました

KAT-TUNは、

ユニゾンとは思えないほどの強い個性を放っている

アクセントや音の入り方だけでなく、リズムも1人1人違った刻み方

その中で最後の 「だ」 の部分だけは合わせている

3000Hzまでしっかり倍音も出て、ゆらぎも見られる

合わせることはできるけど、あえてしていない

ユニゾンで3人の声がここまで1人ずつしっかり聴き取れるのは珍しい

個性を全面に出すだけのスキルがそれぞれに備わっているということ

声の相性がとてもいいことも、自由に歌ってもつぶし合うことなく個々が輝く理由



他のグループのことも褒め倒してるけど (笑)、でもこの分析結果は、ファンとしてはとても納得のいくものだし、自分が感じてきたことがこうやって科学的にも証明されたことが嬉しい (^^)

声質は全く違う3人
でも、声の相性がとてもいいんですね

私、ほんとにKAT-TUNのユニゾンパートを聴くのがすごく好きで
正に、ここに書かれている通り、それぞれの声がしっかり聴こえてくるんですよね
だから、何度もユニゾンパートをリピートして、1人1人の声を集中して拾ったりしたこともあって

グループ結成当時から言われてきた、私がKAT-TUNのファンになった最大の要素でもある、 “バラバラの強い個性”
全く薄れていません (^^)

あぁ…
早くまたKAT-TUNの歌声が聴きたい。。。


ちなみに、同じ個性派タイプのグループは、NEWS、滝つば、ジャニーズWEST

スポンサーサイト

| 雑誌(KAT-TUN) | 08:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bubkame.blog50.fc2.com/tb.php/7943-c1c03509

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT