precious memories

亀梨和也が好き KAT-TUNが好き そんな気持ちをありのまま、感情のままに綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『MAQUIA』 亀カメラ vol.60 ミラクル

シューイチのまじすかコーナー、新シリーズになりましたね〜

“まじすか楽器で中丸1人オーケストラへの道”

先週放送終了後
中丸 「時間的にも結構ギリギリですよ」
中山 「♪ギリギリで?」
中丸 「♪いーつも生きていたいから?」
中丸&中山 「♪Ah〜」
中丸 「大事な楽曲をふざけないで下さい」

笑った (笑)
しかしその 『Real Face』 が最後まで引っ張られるとは (笑)

ケロミン、ほんと可愛いんですけど (笑)
中丸 「超かわいいけど」
と言った時のゆっちの表情、すごく良かった〜

そしていよいよ1人オーケストラ 『Real Face』

いやぁ〜
なんちゅう完成度の低い 『Real Face』 (笑)
いちばん良かったのはボイパじゃないか
大事な楽曲を何してくれてるねん (笑)

これは新コーナーということは、今後もずっと続いていくんですよね
その都度、KAT-TUNの楽曲を使ってくれるのかしら
完成度が低くても (笑)、ありがたいですね (^^)


そして 『MAQUIA』

vol.60 『ミラクル』

亀カメラの写真は、ジャニーズ野球大会の、タイトルを映したモニターの写真

この取材日が野球大会当日だったらしく、終わって疲労困憊の中、現場に駆けつけてくれて取材がスタートしたと
しかもこの日はライブとライブの合間でもあったんですもんね

そんな野球大会のお話から、野球でのミラクルなお話に絡めていく亀梨くん
この亀カメラって、事前にテーマを与えられて、取材当日までに亀梨くんが原稿とかに纏めて持って行ってるもんだと思ってたけど、それにしてはなんとも自然で上手い話の展開で (^^)

亀梨くんが言うミラクルな試合といえば、
2000年の巨人×中日戦
4-0をひっくり返して巨人の優勝が決定した試合

あれは、テレビの前で大興奮したなぁ

ふーん。 (笑)

そしてもう1つは、
2009年のWBC韓国戦
延長勝ち越しを決めたイチロー選手のヒット

ミラクルを起こせるスター選手って、偶然じゃない。
チャンスが回ってくることを誰よりも願っていると思うし、実際に巡ってきたら、こう打とうって想定と、その通りに、心身を動かせる鍛錬もしているんだと思う


一流の野球選手や芸能人でも、“信頼度の高い職人” タイプと “奇跡を起こすスター” タイプがいて、亀梨くんが憧れていたのは完全に後者

経験を積んで大人になって、“スター” という役割は自分の意志だけではなれないこともわかった

なりたくてなれるものではないけど、才能以上に期待に応えられる努力が必要

スターとは、ある種 「リスクを背負える人」 じゃないかな

大人になった今、自分のことをスターだなんて一瞬たりとも思わない、と

相変わらずカッコつけマンだなとは思う (笑)

いやいやいやいや
これまで、来た球は全て打ち返そうという信念を持って、実際に打ち返してきた亀梨くん
それは正に、チャンスを願って打ち返し方を想定し、その通りに心身を動かしてきたからでしょう

そして、派手でエンタテイメントなプレイをして、主役として、カッコいいキャラクターとして、これまでどれほど多くのリスクを背負ってきたことか

亀梨くんは、“信頼度の高い職人” であり、 “奇跡を起こすスター” でもある、両面をしっかり兼ね備えた本物のスターだと私は確信しておりますから。


そして最後にまた、ジャニーズ野球大会でのお話を絡めて締め
うん、やっぱりお話の持っていき方が上手いわ

亀梨くんはこの先、どんなミラクルを見せてくれるんでしょうね (^^)


スポンサーサイト

| 亀カメラ | 10:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bubkame.blog50.fc2.com/tb.php/7706-d1e8d57c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT