precious memories

亀梨和也が好き KAT-TUNが好き そんな気持ちをありのまま、感情のままに綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR “10Ks!” 4/3名古屋公演 中丸クリニック

帰ってきた中丸クリニック

ゆっちボイパの後、
中丸 「今日は何か起きそうな気がする」

すると、牙にマントをつけたヴァンパイア亀梨登場!
すごい歓声 (^^)

亀梨 「めっちゃ探したで。 でら探したで」
中丸 「今日は病院やってないぞ」
亀梨 「あんたも変わったなぁ。 なんやねん、その首元のキラキラは。 なんやねんて聞ーとんねんっ!!」
(ゆっちの衣装、首まわりのフード? 襟? にキラキラのスパンコール付き)
中丸 「・・・色気だ」

「ウロコやん。 包丁の後ろの面でとったろかー。 包丁のこっち側でゴリゴリしたろかー」
「これはウロコじゃない」

最初だけ名古屋弁だったけど、やっぱりヴァンパイア亀梨は関西弁なんですね (笑)

そして、中丸先生、白衣に (笑)

中丸 「歯は大丈夫でしょ」
亀梨 「はい?」
と牙を剥きだす
のくだりを2回 (笑)

亀梨 「先生、さっきの訂正がある。 うなぎパイって静岡だよ!」

うん、気付いてた (笑)

亀梨 「リアクション薄いからおかしいなと思ったら。 亀梨の鼻ポーン!やっとく。 先生オレの鼻ポーンやって」

中丸 「久しぶりだね。 元気にしてた?」
亀梨 「元気にしてたよー」

(ゆっちの頭を触りつつ)
亀梨 「いい味噌が乗っかってるじゃん」
中丸 「味噌じゃねーし」
(ゆっちの顔を指して)
亀梨 「いいカツだな」
中丸 「カツに似てねーし。 ボケとしてもイマイチだし、ツッコミもイマイチ」

中丸 「治療しましょ。 削ると歌も歌えるし」

治療を始めると、またまたベムに変身しかけるヴァンパイア亀梨
亀梨 「う、う、うぁーーー!! ! お、また〜♪」

ベムから山猫になった (笑)

中丸 「力抜いてくださーい」
ダレ〜〜となるヴァンパイア
中丸 「抜きすぎですよー」

中丸 「痛かったら左手上げて」
亀梨 「はい! はい! はい!!」
何度も力強く手を挙げるヴァンパイア

亀梨 「あ、あ、あ、あ、うぁーーーー!!」

顔を上げたら、口からは血のり
そして、『Love yourself 〜君が嫌いな君が好き〜』


スポンサーサイト

| KAT-TUN(コンサート) | 08:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bubkame.blog50.fc2.com/tb.php/7647-9031d7b8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT