precious memories

亀梨和也が好き KAT-TUNが好き そんな気持ちをありのまま、感情のままに綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR “10Ks!” 4/3名古屋公演レポ

どのライブも、最初は流れを把握することがメインになっちゃうので、細部のレポはなかなかできないんですよね

久々のライブの空気も楽しみたいし、久々だけにどこを見てどうレポしたらいいのか、その感覚もいまいち思い出せなかったり ( ̄▽ ̄)

なので、レポといってもサラ〜っと大まかに
(ネタバレ含みますので、知りたくない方はスルーでお願いします)


座席はアリーナA4ブロ前半列
初めてのナゴヤドーム、東京ドームや京セラドームに比べると、スタンドの数がすごく少なく見えました
東京ドームなんかだと、バクステ側のスタンド列が下段も上段も相当あるのに、ナゴヤドームは下段に数列あるだけなんですね

OP
客電が落ちると、会場中真っ赤なペンライトで埋め尽くされました

2006-2015の過去のライブ映像
どのライブも行ってきて、それぞれの公演毎に色んな思い出があるだけに、初っ端から胸熱

海賊船のようなセット

ステージ下からせり上がってきたKAT-TUNは、赤基調の豪華な衣装

『GOLD』
上田 「行くぞお前ら! 出航だーー!!!」

『Real Face』
メインステの海賊船が少し前に動き、今度は右へ左へ少しずつ旋回

『BIRTH』
ソロパートでグラサン外し、
亀梨 「名古屋ぁぁー!」

『THE D-MOTION』
メインステからセンステへ歩いて移動

『ONE DROP』
センステから、ステージが3分割して3方向へムービング移動

亀梨 「♪信じ続けてるー」
で、手のひらにフッと息 (投げキッス亀梨ver.的な)

『WHITE』
バクステで
1人1人の乗ったクレーン上昇

亀梨 「ヘイ名古屋ー! 10年だぞー! 色んな思いぶつけて帰れー!!」
上田 「声足りねーんだよ! もっと出せよ! もっとー! 一緒に騒ごうぜー!」
中丸 「あ、俺今日は騒ぐ。 最高に騒いでってくれー!」

『PERFECT』
♪初めての人に会える〜
中丸 「会えるよね」
出た〜 (≧∇≦)

トロッコ移動
亀ちゃん一塁側
たっちゃんセンター
ゆっち三塁側
からメインステへ
外周廻ったんだったかな?

三塁側の私たちの席はゆっちが近くを

最後のフレーズ、
PERFECT MY FRIEND
PERFECT MY FRIEND
PERFECT YOUR MIND
PERFECT YOUR MIND
誰も歩いたことない道を歩こう

亀ちゃんの後にゆっちがリフレイン的に歌うんだけど、亀ちゃんが2回とも 「PERFECT YOUR MIND」 と歌ってた

『春夏秋冬』
メインステの船の上で
歌い終わり、3人並んでピストルを構え、バクステ方向に向かってバンッ!
かなり大きい音だった〜

過去映像
水晶の中に

『DON'T U EVER STOP』
黒にキラキラの付いた衣装にチェンジ
メインステ下から飛び出す3人

ダンスシーンは光るボールを持って、映像とのコラボ

炎が吹き出し、正にKAT-TUNの世界でした

『MOON』
メインステ上段
マイクスタンドに着物を絡ませて

『In Fact』
メインステに近いから、特効の音が超デカい!
これ以降も何度も特効にビビった
というか、あの特効、音もだけど、ドンっ! と噴きあがった時に、顔やら体にすごい衝撃波が来るんですよね

サビで、メインステから歩いてセンステへ

『NEVER AGAIN』
センステでバク転した亀ちゃん
ちょうどその時、双眼鏡で亀ちゃんを見ていたんだけど、バク転の後、手のひらを舐めて、上に向かってブーッと何かを吹き出したんですよね

何か飲んだのか?ってくらいの噴出量で

その後、何度も手のひらを舐めて、「手に巻くものくれ」 みたいなジェスチャーをステージ下に向かってしてたので、あ、これは血が出たんだな、と

そこからムービングでバクステへ行っちゃったからモニター見るしかなかったんだけど、白いタオルを手に巻いてたように見えた

この時点で3人とも顔中すっごい汗

『KISS KISS KISS』
バクステで

亀梨くんソロパート
腰回しを期待してか (私はそう)、私の周り、みんなモニターガン見 (笑)

『Will Be All Right』
バクステからフロートに乗って
亀梨くんは三塁側へ
ゆっち、たっちゃんが一緒に乗ったフロートは一塁側へ

やっと亀ちゃんが近くに来たー

メインステ端にフロートが止まって、フロートから降りる直前、亀ちゃん、黒い革手袋を右手にはめた

MCは後ほど

カトゥネット高丸
海賊に捕まった体の高丸社長
キタさんに連絡しようとするも、携帯の充電が切れてる
その辺を探してみると、充電器が!

フリップを持つ高丸社長
フリップには、
「何が言いたいかというと」
「人も携帯も時には充電が大事」

キタさんの名前が出た時には、キタさん出るかとちょっと期待したんですが (笑)

2006-2009
『ハルカナ約束』
たっちゃんが近くに (メインステ三塁側端まで来た)

『RESCUE』
バンバン上がる特効の炎が暑い

『LIPS』
メインステからトロッコに乗って、亀ちゃんが目の前を!
私たちのA4前を通ってA2とA3間の通路を折れてバック方向へ

激近ではあったけど、残念ながら亀ちゃんの目線、CO2の噴出口は前3列ぐらいまで
とりあえず、デコ全開になるくらいのCO2のおこぼれだけいただきました (笑)
暑かったから、その風がすごく涼しかった

そしてなんと、亀ちゃんがA2-A3にいる間に、たっちゃんがA4-A5間に!
やっぱり自担、亀ちゃんを見たいからたっちゃんにお尻向けちゃうことになるーって思ったんですが、心配無用でした
たっちゃん、ずっとA5の方にCO2噴出して、私たちにお尻向けてましたから (笑)

『YOU』
そのままトロッコでBC間を通ったのかな?
センステへ

『White X'mas』
センステがせり上がって
キラキラの紙吹雪が噴き出して、綺麗だった〜

中丸コーナー
前回同様、サイレントでモニターに心の声
とても全部書ききれません (笑)

クリスマスシーズンじゃないのに無理矢理クリスマスソング歌ってやったぜ

右回りで戻るか、左回りか迷うな
前髪の流れが左だから、左だ

10周年だからな

(ターンしてメインステへ)

あ?心の声が出てる!

このコーナー、近い関係者によく、長いと言われます
なので、とんでもなく短くします
ウソです
普通にします

そして、今回のボイパ字幕は前回よりバージョンアップして、面白かったー

ぼちぼちちきちきぼちぼちか
とか
ペペ
なんかは同じなんだけど、

「か!」 のところで画面には “蚊” の写真 (笑)
「ぶつぶつぶつ」 のところで画面には “大仏” の写真
「かしつき」 では加湿器の写真
合間に、「かとちゃんぺ」 (確かにそう聞こえる)
写真はカトちゃんぺをしてるゆっち写真

そして、「何か起きそう」 (だったかな?) で、ドラキュラ亀梨くん登場!

これもMCと一緒にのちほど

ドラキュラマントつけてキバもつけたまま、亀梨くんソロ
『Love yourself 〜君が嫌いな君が好き〜』
歌い終わり、ヤマナデのスカルサングラスをかけて、自分のうちわ持って、
「全然眩しくねーよ」

サングラス外して自分のうちわ見て、
「ま、ま、眩しいーー!」

ハケ際、
「これ、ぜってー面白くねーよ!」


大型の三輪バイクに乗って、三塁側外周をたっちゃん登場
『CHANGE UR WORLD』

銃を撃って、しまいには手榴弾まで投げたー!
こんなアイドルグループ、絶対他には無いな (笑)

メインステでゆっち
『STAR RIDER』

ゆっちがグラサンかけてる!
意外過ぎて笑ってしまった (笑)
でも、パフォーマンスは映像とのコラボでカッコ良かった

ってことは、ドラキュラのまま歌って最後自分ネタで締めた亀梨くんだけは……(笑)

『Going!』
突然、アリーナ内に大きな風船がたくさん飛んできた!
ファンがそれを手で前へ (バクステ側へ) 送って (私のブロック、風船破裂)
あの後、風船はどうなったんだろう?
てか、アリーナの客は多分KAT-TUNのパフォーマンス、見てなかったのでは…( ̄▽ ̄)

この時既にKAT-TUNはクレーンに乗ってたんだったかな?

三塁側亀ちゃん
バクステ側ゆっち
一塁側たっちゃん

『不滅のスクラム』
そのままクレーンで
このクレーン、上で大きくグルーっとアリーナの上を旋回

『RUN FOR YOU』
トロッコでDE間を通ったのかな?
センステ方向へ動き、そこからメインステへ

亀ちゃんのトロッコ来たー!
A4-A5間を手を振りながら通って、メインステに着いたら降りる直前、親指を噛みながら振り返ったー

めっちゃ可愛かった

そしてそして、ここで懐かしのTEN-G登場!
ポスター抽選からのクロックボイス公開収録
これも長くなるので、別レポします

『RAY』
センステで
そこからセンステが3方向に分かれて、一塁側亀ちゃん、センターたっちゃん、三塁側ゆっち、でサイドの小さなマイク型のサブステへ

『Dead or Alive』
柵の無いトロッコのようなものに乗ってたのかな?
私の席からはいまいち見えなかった
バクステへ

『BOUNCE GIRL』
バクステからたっちゃんが三塁側、亀ちゃんセンター、ゆっち一塁側を通ってセンステへ

『4U』
1番をKAT-TUNが歌い終わったら、メロディーだけ流れて、モニターには3人の子供時代から今までの成長記録写真

それを見ていたら、こうやって今があるんだな…と、なんだか涙が出てきた

そして、メロディーがサビの部分に差し掛かると、モニターには歌詞だけが出て、KAT-TUNがいない中、客席だけで大合唱
会場中に響き渡るハイフンの声、綺麗だった〜

歌詞の最後に 「THANKS」

赤い衣装に着替えたKAT-TUNがメインステ登場
『TRAGEDY』

『UNLOCK』
この曲、とにかく特効が凄かった!

炎は噴き出し、花火が上から降ってきて

『PRECIOUS ONE』
たっちゃんピアノ、ゆっちボイパとハモり、亀ちゃんボーカル
たっちゃんのピアノが若干テンポが速くなったりしたんだけど、亀ちゃんがそのテンポにしっかりと合わせて歌っているのを聴いて、また涙が…

2番は3人で

ゆっちのみ挨拶
挨拶も別レポします

挨拶が終わると、メインステの海賊船の大きな舵のセットの中に3人が消えていった

アンコール

『GREATEST JOURNEY』
亀ちゃん、三塁側からフロート
ゆっちとたっちゃんが同じフロートで一塁側から
サインボール投げ

『喜びの歌』
外周を一周しながら

『Keep the faith』
アリーナAとBの間くらいにフロート停止

『Peacefuldays』
メインステに戻って

センステに移動し、白?のコートを着て、
『君のユメ ぼくのユメ』
ここでもちょっと泣いてしまった

たっちゃん、亀ちゃん、ゆっちの順に挨拶

ダブルアンコール

『BRAND NEW STAGE』
耳かけ亀ちゃんが恐ろしく素敵だった

亀ちゃん、歩いてセンステへ
三塁側ステージ端までたっちゃん
一塁側はゆっち

いつものように、
スタッフの皆さんに大きな拍手
ステージや照明全てに拍手
10年間僕らの支えとなってくれた楽曲たちに拍手
10年間支えてくれてるハイフンみんなに拍手
この会場に来てくれた名古屋のハイフンに拍手

手を繋いで
We are KAT-TUN!

ごめんなさい
本当にごめんなさい
また銀テ見ててKAT-TUNのお辞儀見てなかったー ( ̄▽ ̄ ;

てか、亀ラジでこの流れ変えようって言ってたのに、結局いつも通りなんですものー(笑)

私の真上に降ってきたものを手を伸ばして取ろうとしたら、隣から手が伸びてきて、しかも私も掴んでるのに引っ張ろうとして、そのまま体当たりされてしまい、私は逆サイドの友人の座席椅子に倒れこむという死闘を繰り広げておりました

ちょっとさぁ、さすがに隣の陣地侵略してまで取ろうとするのは止めましょうよ (ー ー;)


ステージ端から端まで行って手を振って、
上田 「また戻ってくるぞー!」

亀梨くんの手のひらフッの投げチューで、この日の公演は無事に終了


スポンサーサイト

| KAT-TUN(コンサート) | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bubkame.blog50.fc2.com/tb.php/7644-97cb6b92

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT