precious memories

亀梨和也が好き KAT-TUNが好き そんな気持ちをありのまま、感情のままに綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『BAILA』 亀梨和也

全5ページ

Sexy & Funny
Sextではテッパン白シャツで本領発揮
Funnyではリアルなつけ髭でお茶目に
ドドーンと1ページに1枚ずつの写真

お髭亀ちゃんを見ると思い出すのが、ずーーっと昔、たった一度だけリアル無精髭で写っていたMyojo
あれは衝撃だったし、今となっては超貴重な写真ですよね

あの頃が、窮屈を感じて、仕事以外は人と会わないようにしていた時期なのかなと思ったり。。。


バイラをめくりながら、「この時計欲しいな。40万かぁ。オレの稼ぎなら軽く買えるんじゃないか? いやいや、4ヶ月はかかりますよ」 とニヤリ

バブ 「いやいや、軽く買えるでしょ」 とニヤリ

人の心を揺さぶるのがエンターテインメントであり、それが自分の仕事
“なんだコイツと思われたい”
“気を引く存在でありたい“
そう思う自分がどこかにいるのかもしれない

そういう人の心の引きつけ方は亀梨家の家庭環境の中で無意識に学んだものかも、と

自分の中には常に “こうありたい” 理想の亀梨和也像が存在してる
その理想像へと向かう時間を努力とは思っていない
でも実際の自分はそんなに器用な男じゃないから、余裕が無くなる瞬間がどうしても生まれてしまう

基本、弱い人間
「強くなることを求められたし、強くならなければならなかった。 それが自分の歩んできた道のりを振り返って思う正直な気持ちなのかな」

そんな弱い自分を強くしてくれるのは、今も昔も “やるしかない!!” という環境

何故いつもライブ前ギリギリに準備をしてすぐにステージに出ていくのか、その心境がスーパーマリオの上手い例えと共に語られてます
そういうことだったのね。。。


今日はMステ〜♪
速攻で帰って夕飯準備して、TV前にスタンバイしなきゃっ


スポンサーサイト

| 雑誌(亀梨和也) | 08:07 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

namiさんへ

LINEの方にもどんどん送っていただいて結構ですよ〜(≧m≦)

BAILAは買いの1冊ですね〜
一頁に1枚の写真というのがまたいい(^^)
そうなんですよね、どうしてもインタビュー内容は、ドラマかそっちのお話になってしまって。
そして、それに対する気持ちを包み隠さず語ってくれるからこそ、こちらも辛いんだけど、でも知りたい、わかっていたいという気持ちがあって、最近は以前のMAQUIAのように、一呼吸置いて、その言葉を噛みしめるようにしております。

namiさんの、「気持ちの収拾をつけながら収集してる」に座布団3枚!(笑)

あの髭…
後にも先にもあれだけでしたね。
当時は、何の心境の変化なのかと若干訝しみましたが、今になって思うと、その頃なのかなぁと。。。

今日のMステも光輝いてましたね。
本当に綺麗。
そして明日はズムサタに山猫です♪

| バブ | 2016/02/12 21:20 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bubkame.blog50.fc2.com/tb.php/7557-04b9b673

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT