precious memories

亀梨和也が好き KAT-TUNが好き そんな気持ちをありのまま、感情のままに綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『怪盗山猫』 第2話

亀猫、参上してくれたのは嬉しいんだけど、これ、21時に更新されましたよね?
私、21時前に見たけど、その時はまだで、山猫始まって最初のCM中に見たら参上してたもの

山猫さん、いや、これを更新してるのは事務所スタッフさん?
あのね、21時ってね、もうドラマ始まっちゃってるの
みんな、ドラマに夢中になってるの
しかも内容が、“間もなく” “始まるゾォー”
もう始まってますから!
せめてあと1時間早く更新してくださいっ (笑)

でも、また亀梨くんの体の一部がっ(≧∇≦)
ビーサンの足、寒そうだー


そして、ドラマ 『怪盗山猫』

これはヤバい
本当に面白い!

畳み掛けるギャグとシリアスの応酬
めちゃくちゃスピーディーな展開

勧善懲悪かと思いきや、全ては山猫の別の目的の為に仕組まれた布石で
女にも平気で手をあげるし、本気でぶつかっていってるのかと思えば、そこにも山猫の狙いがあって

いい奴なのか悪い奴なのか、本当に全くわからない
何を目的としてるのか、先が読めない

少しだけ紐解かれて、でもまだまだ理解不能な山猫の武士道精神
毎回出てくる、「お前の中の譲れねーものは何か」
そんな山猫の譲れないものって何なんだろう

そして、そこでそう来るかー!と予測不能なギャグや展開に、もうドハマりしてしまいました
今回なんて、最後の最後に、あまりの予想外なおっさんの登場に、思わず笑ってしまった

他にもメンバーがいると聞いて、「おぉ、誰が新しいキャストなんだろう」 なんて思っていたところに、関本刑事の登場
どんでん返し、意表をつく内容のこのドラマだけに、登場した瞬間、これがメンバーか! と察知はしましたが、それでもそこまでは本当にこれっぽっちも想像していなかっただけに、「やられたー!」 感満載になりました

これは原作にも出てくるのかしら?
やっぱり原作読まなくてよかった〜

あ、だから次回、山猫の天敵の犬刑事が出てくるのか

なんとなく、2話目にして、山猫が真面目なこと、感動するようなことを言っても、何か裏がありそう…と疑うようになってる (≧m≦)
そして、それがどう来るか全く読めないワクワク感と、わかった時の 「そうきたか!」 が楽しくて楽しくて

あ、ちなみに、あれが勝村の扮する山猫だというのは気付いてました
全然喋らないし (笑)
でも、騙され方が面白い (≧m≦)
あんた、何回同じ手に引っかかってんだよ (笑)

そしてこのドラマ、
毎回実名や実際のドラマのタイトルが出てくるのがまた面白い
前回は猫ひろしだったり、今回は新垣結衣ちゃんだったり、太陽にほえろだったり金八だったり

てか、太陽にほえろはいいとして、金八は他局でしょうが (笑)

今週もいっぱい笑ったし、予告見ると、来週はまた何か大きな展開がありそうだし、本当に楽しみ (≧∇≦)

それにしても、このドラマ、亀梨くんの魅力がハンパないですね
前回も書いたけど、これまでの経験、演じてきたキャラクター全ての集大成であって、尚且つそれを打ち破る、これまでにない破格のキャラクターで、それでいて、完全にジャストフィットした演技

これ、またファン増えちゃうかも〜 (≧m≦)


スポンサーサイト

| 怪盗山猫 | 22:41 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

MIHOママさんへ

えっ、えっ、それは2話の視聴率なんですか??
いつも土曜ドラマの視聴率は月曜日に出ますが、それはどこからか漏れた情報なのでしょうか?
それとも、北海道の1話の視聴率と同じ数字のようですが、それではなくて?

でも、2話も本当に面白かったから、それぐらいの数字は出ていそうな気がするのですが、どうなんでしょう(^^)
2話で下がらずに、同じくらいかそれを超える数字が出れば、これは大当たり確実ですよねっ(⌒▽⌒)

| バブ | 2016/01/24 18:56 | URL |

トラトラさんへ

お仕事、お疲れ様です。
今日は息抜き、いいじゃないですか(^^)
でも、そうでしたか。
お仕事でドラマはまだでいらしたんですね。
それなら、おっさんの行は省いておけばよかったかも^^;
あれは、知らずに見てこそ、「そうきたか!」感が強いので、なんだか申し訳ないです。
それなのに、お褒めの言葉までいただき、恐縮ですー( ̄▽ ̄ ;

ゆっちの一万字、なかなかファンにとっても痛みを感じる内容ですよね。
もちろん、ファンの痛みそのものではなく、彼らの痛みを感じるからこその。
ベストアーティスト、シューイチでのゆっちの表情の意味もわかって、またあの時の衝撃が蘇ってきました。
本当に、これからもKAT-TUNを全力で応援しようという気持ちも更に大きくなりましたし、これからのKAT-TUN、ファンが1日でも早く、1日でも多く心から笑える日がくることを祈らずにはいられませんね。

| バブ | 2016/01/24 18:51 | URL |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2016/01/24 11:04 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/01/24 08:56 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bubkame.blog50.fc2.com/tb.php/7531-e34b228b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT