precious memories

亀梨和也が好き KAT-TUNが好き そんな気持ちをありのまま、感情のままに綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

亀梨和也 日本テレビ連続ドラマ 「怪盗 山猫」 主演!

スポニチアネックス

亀梨和也 天才怪盗に!連ドラで“山猫”役 ド派手アクションも

KAT―TUNの亀梨和也(29)が、来年1月にスタートする日本テレビの連続ドラマ 「怪盗 山猫」(土曜後9・00)に主演する。
山猫と呼ばれる天才怪盗役で、悪者から大金を盗み、最後はその悪事を暴く。
いわば 「平成版の鼠小僧(ねずみこぞう)」 だ。
撮影開始を前に早くも山猫になりきっており、「来年1月 あなたの土曜夜9時をいただきます」 と、視聴者をテレビにくぎ付けにする直筆の予告状までしたためている。

原作は神永学氏の小説「怪盗探偵山猫」。
シリーズ累計で発行部数50万部を突破する人気作だ。
神永氏はドラマ化のオファーを受けた際、「原作より面白くすること」 を条件にした。
「挑戦状を喜々として受け取ってくれた猛者たちが、どんな作品を創り上げるのか」 と “亀梨版” を楽しみにしている。

本格アクションの要素も盛り込まれ、亀梨はワイヤアクションや、ビルからビルへの大滑空などにも挑戦する予定。
「映画並みの派手なアクションになると思う。 コンサートやミュージカルで何度もフライングを体験してきたから、怖さはない。 むしろ楽しみ」 と張り切っている。

撮影は12月上旬に始まる予定。
「皆さんの大切な時間をいただくために、身も心も怪盗になっていきたい」 と意気込んでいる。

山猫は、明るくひょうひょうとした性格だが、時折冷徹さを見せる謎の男という設定。
福井雄太プロデューサーは亀梨の起用について 「これ以上ない方をキャスティングさせていただいた」 と話している。

≪ベムは映画化≫ 亀梨は11年の同局ドラマ「妖怪人間ベム」に主演。
妖怪人間に成り切るため、ギャランドゥ (ヘソの下にある毛) やスネ毛をそったり、爪を意識的に伸ばすなどして役作り。
こうしたことが話題となって、同作は映画化もされる人気シリーズとなった。
亀梨のこだわりの演技で 「怪盗 山猫」 もシリーズ化につながるか、注目される。
.



まんたんウェブ

<亀梨和也>天才怪盗・山猫役で1月期連ドラ主演 神永学の人気ミステリーが原作

人気グループ「KAT-TUN(カトゥーン)」の亀梨和也さんが、「心霊探偵八雲」 シリーズで知られる神永学さんの小説を原作とした2016年1月スタートの連続ドラマ 「怪盗 山猫」(日本テレビ系) で主演を務めることが16日、明らかになった。
亀梨さんは、大金を鮮やかな手口で盗み、悪事を暴く神出鬼没の天才怪盗・山猫を演じる。
また 「拝啓。日本の皆々様」 という書き出しで始まる山猫の “予告状” が公開された。
.
山猫は王様気質の生意気な言動と、ひょうひょうとした態度で、大胆不敵な行動をとるつかみどころがないというキャラクター。
第1話では、1億円を盗み出した山猫 (亀梨さん) を、警察が追い詰めるも、山猫は笑いながら見事に逃げだし、大金を盗まれた企業が犯していた犯罪の証拠だけが残される……と展開する。

原作者の神永さんは、ドラマ化にあたり「 1つだけ条件を出しました」 といい、「それは 『原作よりも面白くすること!』 です。 私からの挑戦状を嬉々 (きき) として受け取ってくれた猛者たちが、どんな作品を創り上げるのか。 誰よりも楽しみにしているのは、私自身かもしれません」 と期待を寄せている。
.
また同局の福井雄太プロデューサーは、山猫こついて 「何を考えているのかわからないのに、なぜか愛されてしまう隙のある人物であり、そして何よりやると決めた時には絶対に外すことのない絶大な信頼感 (がある)」 と説明し、亀梨さんの起用について 「その雲のようにつかめず、隣にもいそうな愛すべき主人公を演じていただくには、これ以上のない方」 と語っている。
.
ドラマは1月スタートで、毎週土曜午後9時放送。



スポニチ

スポーツ報知


これかーーー!!!
亀梨くん、連ドラ主演おめでとう~!!(≧▽≦)

これが、一日一食にしている理由、読んでほしい本、ということだったんですね

うわ~楽しみだーー
何より、私が苦手とするラブストーリー物とは違うというだけでも、楽しみがより一層膨らむというもので (≧m≦)
アクションにコメディー要素だなんて、私得 (≧m≦)
しかも、これは1話完結的なものなのかしら?(←超望んでる)

天才怪盗か
亀梨くんが演じてみたかった、怪盗キッド的なイメージかしら (^^)

“雲のようにつかめず、隣にもいそうな愛すべき主人公を演じていただくには、これ以上のない方”
素晴らしい賛辞ですね

脚本家さん、どうか面白いものをお願いしますよー!

そして、これまた原作を先に読むかどうか悩むところですが、
こういうのは先がわからない方が楽しめそうだから、多分読まないかなぁ~


またまた寒い時期での撮影だけど、ケガの無いよう、楽しんで頑張れー!!

スポンサーサイト

| テレビ(亀梨和也) | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bubkame.blog50.fc2.com/tb.php/7422-84543c40

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT