precious memories

亀梨和也が好き KAT-TUNが好き そんな気持ちをありのまま、感情のままに綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

副音声追記 コンサートのお話

亀梨くんが映ってるところだけ残す編集前に、見られなかった前半30分部分を再生

コンサートに絡めた、結構面白いお話してましたね (≧m≦)
リアルタイムで聞けた部分よりもこっちのほうが面白いぞ (笑)

記録として残しておこう

まず、先発能見さんについて
初回にジャイアンツが見事に得点取ったけど、その後は能見さんもしっかりと修正してここまでのゲームを作ってくれてる

そして、私、正直言いますと、ジャイアンツ時代の高橋尚成さんってあんまり好きじゃなかったんですが ( ̄▽ ̄) エヘ、
この副音声はすごく感じが良くて、高橋さんに対する見方がガラッと変わりました

投手と打者の無言の会話というお話から、義堂ちゃんが亀梨さんに、
「亀梨さんもファンとの目の会話みたいなのあるんですか?」

コンサートではもちろんある、と亀梨くん

へぇ〜いいなぁ
私、亀梨くんと目で会話したことなんて一度も無いぞ (笑)

KAT-TUNにとったらお客さんがバッター

暗いコンサート会場でもお客さんの顔も見えるし服装も見えると

やっぱりライブでは常にオシャレしていかなきゃいけないということですな (≧m≦)
けど、ツアーの時って洋服が絶対足りなくなるんですけど ( ̄▽ ̄)

普通の格好でも派手な格好でも見える
持ってるうちわも全然見える
本能的に自分のうちわを持ってくれてる方に目が行く

野球の話から完全にKAT-TUNライブの話になってるし (笑)

マウンド上で空間を支配するお話
高橋尚成さんは、ファンをじゃがいもだと思うようにしてたと
ゆっちと一緒だな (笑)

KAT-TUNのコンサートの時は、自分たちを見に来てくれてるんだというある種の自信があるから、堂々と超亀梨、スーパーサイヤ人になって、「見てくれや!」 というのがある

でも、先輩や後輩といった違うグループのライブにお邪魔したときは、自分を見に来てくれてるわけじゃないから、ちっちゃくなって地元に帰った普通の亀梨になってしまう

という例えから、ホームとアウェーのお話に結びつける亀梨くん

そしてそこから、阪神ファンの凄さ、甲子園の異様な雰囲気のお話に (≧m≦)

亀梨くんは感謝祭などの芸能人がいっぱいいるところがすごく苦手
「すげぇ、芸能人がいっぱいいるー」

ほぉ〜〜

コンサートはありがたいことに自分たちを見に来てくれてる
毎回見にきてくれる義堂ちゃん曰く、コンサートでの亀梨さんは
「隣で野球中継をしているのが申し訳なくなるぐらい、スーパーウルトラスペシャル亀梨」

だよね (笑)

亀梨 「今日の場合、僕を求めてるお客さんというのは、ゼーローですから」

あ、またゼーローが出た (笑)

選手の皆さんが、ファンの皆さんの声援が背中を押してくれてパワーになりますと言うのは、本当にあると思う! と力説する亀梨くん

コンサートでは1日で全部出し切る
でも、翌日も待ってる
もちろん疲れはあるけど、いい心地良さ、いい疲れ

うん、ほとんどコンサートの話だねっ (笑)

あー早く 超亀梨が見たいっっ

そういえば思い出したけど、今日来たコンサート情報メール
「2016年春のコンサートが決定」
としかなってないんですよね
春からスタート、とも、ツアーとも書かれてない
これって、今年のようにドーム2日だけでもおかしくない書き方ですよね?

もちろん10周年だから、野外かもしれないし、もっと大きな規模かもしれないけど

ツアーもありますよね??

まぁ、詳細がわかるまで何とも言えませんけど ( ̄▽ ̄)


野球においては黄色い声援だけじゃなくヤジも聞こえる
亀梨 「よく阪神の選手が仰るんですけど」

阪神の選手=西岡剛
だろうな (笑)
他に阪神の選手から話を聞くことなんてないでしょ (笑)


あー面白かった (≧m≦)


スポンサーサイト

| THE BASEBALL | 19:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bubkame.blog50.fc2.com/tb.php/7394-45c7a8f3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT