precious memories

亀梨和也が好き KAT-TUNが好き そんな気持ちをありのまま、感情のままに綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『青い種子は太陽の中にある』 公開げいこ

シネマトゥデイ

蜷川幸雄、車椅子に酸素ボンベで会見出席も、亀梨和也には気丈なエール

 KAT-TUNの亀梨和也と演出家の蜷川幸雄が9日、Bunkamuraオーチャードホールで行われた音楽劇「青い種子は太陽のなかにある」(※「青」漢字の脚、月の部分は円)のフォトコールに共演の高畑充希、六平直政、音楽を担当した松任谷正隆と出席した。昨年より体調不良が噂される蜷川はこの日、車椅子に酸素ボンベを装着した痛々しい姿で会見場に登場したが、主演の亀梨の印象を問われると「まじめだね」と気丈にコメント。「でも、あと5センチ、ウエストが痩せて欲しかった」と注文を出して会場を笑わせた。

 蜷川作品初主演となった亀梨は蜷川を前に、「都市伝説で物が飛んでくると聞いていた」と当初は蜷川演出に恐れを抱いていたと言うが、「稽古場では(噂で聞くような)強い指導はありませんでした。でも痩せろと怒られました」とにっこり。蜷川は亀梨に5センチ痩せてほしいとこの日も要望を出したが、亀梨は「(初日までに)後5センチ、どう縮めるか。でも、縮まるでしょう」と強気な回答。

 蜷川は稽古場での厳しさが話題になると「僕はわりと今回おとなしいですよ。ミュージカルって演出家がやることはそれほどないんですよ。僕はニコニコしているだけ」と涼しい表情。亀梨の指導については「亀梨君は信じる相手だと聞いてくれる。信じない相手だと聞いてくれない。そこに注意して演出しました」と話し、「(屈折感を表現するような役どころで)とても屈折のあるいい演技をしています」と絶賛。「厳しいダメ出しもないです」と話して亀梨を喜ばせていた。

 本舞台は寺山修司の生誕80年、蜷川幸雄の80歳を記念し、寺山が若き日に執筆した幻の戯曲を蜷川が演出したミュージカル。



デイリースポーツ

亀梨に「ウエスト5cm痩せろ」指令

 

KAT-TUNの亀梨和也(29)が9日、都内で、主演音楽劇「青い種子は太陽のなかにある」(10~30日、東京・Bunkamuraオーチャードホール)の公開げいこを行った。

 厳しいげいこで知られる演出家・蜷川幸雄氏(79)と初タッグを組んだ亀梨は「都市伝説で物が飛んでくると聞いていた。強い指導もありました」と“洗礼”を浴びたことを明かした。

 スラムを舞台にした作品で工員の賢治を演じる亀梨に対し、蜷川氏は「あと5センチ、ウエストを痩せて欲しかった」とより屈折した雰囲気を出すため、厳しい注文。開幕前日の打診にタジタジながらも亀梨は「あと5センチどう縮めるか。行きましょう」と力を込めた。

 ヒロインを演じる女優・高畑充希(23)は念願の蜷川作品参加となった。演技指導に「怖かった。ほめてもらうと逆に不安になった」。蜷川氏は「優等生になりすぎないように意地悪を言ってみた」と“愛のムチ”だったことを明かしていた。



1日でウエストマイナス5センチ…
そんな方法あればぜひとも教えていただきたい ( ̄▽ ̄)

そっか
亀梨くんは、信じる相手だと聞くけど、信じない相手だと聞かない人なんだ (笑)

明日はいよいよ初日
どうか幕が下りる最後の瞬間まで、誰もケガなどなく、無事に成功しますように。。。


スポンサーサイト

| 靑い種子は太陽のなかにある | 20:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bubkame.blog50.fc2.com/tb.php/7314-7e191ce7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT