precious memories

亀梨和也が好き KAT-TUNが好き そんな気持ちをありのまま、感情のままに綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『バンクーバーの朝日』 Blu-ray&DVD発売決定

■楽天ブックス バンクーバーの朝日 豪華版 【Blu-ray】
■楽天ブックス バンクーバーの朝日 通常 【Blu-ray】 
■楽天ブックス バンクーバーの朝日 豪華版 【DVD】
■楽天ブックス バンクーバーの朝日 通常版 【DVD】

発売日: 2015年07月15日

参考小売価格:8,424円 2,106円(25%)OFF!
6,318円(税込)5,850円(税抜)

【豪華版】

★封入特典
特典ディスク2枚

<本編ディスク>
特報・予告・テレビCM

<特典ディスク1>
妻夫木聡、亀梨和也、石井裕監督による本編ビジュアルコメンタリー

<特典ディスク2>
・メイキング
・インタビュー映像集
・イベント映像集
・公開記念特番集

ブックレット

【通常版】

▽特典ディスク
<本編ディスク>
特報・予告・テレビCM

戦前カナダに実在した伝説の野球チーム“バンクーバー朝日”
その栄光と奇跡の記録を、最高のスタッフ&キャストが映画化!
劇場で大ヒット“真実の物語” がいま、 Blu -ray&DVDで甦る!

■戦前カナダに実在した野球チーム“バンクーバー朝日”。その栄光と奇跡を描く感動大作!!
戦前のカナダ・バンクーバーで、差別や貧困の中にあってもフェアプレーの精神でひたむきに戦い抜き、日系移民に勇気と誇り、そして希望を与え、さらには白人社会からも賞賛と圧倒的な人気を勝ち得た実在の野球チーム“バンクーバー朝日”。
この伝説の野球チームの当時の記録をもとに、戦前の日系移民の壮大なドラマを描き出す。

■豪華版の特典ディスクには、妻夫木聡×亀梨和也×石井裕也監督による本編ビジュアルコメンタリーをはじめ 、メイキング、インタビュー映像集など特典映像が満載!
豪華版は、特典 DISC2枚付きの合計3枚組で登場。
特典 DISC1には妻夫木聡、亀梨和也、石井裕也監督による本編ビジュアルコメンタリーが収録される。妻夫木のビジュアルコメンタリーは本作が“初”収録となる。
特典 DISC2には撮影現場でのインタビュー映像集や劇場公開時に行ったイベント映像集、公開記念特番集など、2枚合わせて3時間に迫る映像を収録。
封入特典には美術デザイン集や豪華キャスト陣の場面カットで綴るフォトブックも封入されるなど、豪華な特典が盛り沢山。

■日本映画界を代表する豪華キャストがオールスターチームを結成!
製材所で肉体労働に就き、ショートを守るキャプテンのレジー笠原に妻夫木聡。漁業に従事する、エースピッチャーのロイ永西に亀梨和也。レジーの同僚で、セカンドを守るムードメーカーのケイ北本に勝地涼。日本人街の豆腐屋で働く、キャッチャーのトム三宅に上地雄輔。ホテルのポーターとして働く、サードのフランク野島に池松壮亮。その他、レジーの妹・エミー笠原に高畑充希、日本語学校教師に宮崎あおい、頑なにカナダ人社会に馴染もうとしないレジーの父親・笠原清二に佐藤浩市とまさに日本を代表する演技派俳優が勢揃いした。

■石井裕也監督最新作に、数々の傑作、話題作に携わった一流のスタッフが終結!
監督を務めるのは、『舟を編む』(13)で日本アカデミー賞最優秀作品賞・最優秀監督賞を史上最年少で受賞し、翌年公開された『ぼくたちの家族』(14)も高く評価された石井裕也監督。監督を中心に、脚本には『八日目の蝉』(11)で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した奥寺佐渡子。撮影は『桐島、部活やめるってよ』(12)、『そこのみにて光輝く』(14)などの近藤龍人。さらには、石井監督と『舟を編む』でもタッグを組んだ宮本まさ江(衣裳)、豊川京子(ヘアメイク)、原田満生(美術)が集結し、戦前のカナダの空気感溢れる作品が完成。

<ストーリー>
明日も見えない異国の地で、そのチームは希望になった。
1900年代初頭、多くの日本人が新天地を夢見て、遥か遠くカナダへと海を渡った。
しかし、そこで彼らを待ち受けていたのは差別、過酷な肉体労働、貧困といった厳しい現実だったー
そんな中、日本人街に一つの野球チームが生まれる。チームの名は「バンクーバー朝日」。
夢も希望も持てなかった激動の時代。やがてチームは人々にとって、一条の光となっていく。
彼らは何を信じ、何を求めて走り続けたのか。歴史の波間に埋もれていた“真実の物語”が今、ここに甦るー

<スタッフ・キャスト>
出演:妻夫木聡 亀梨和也 勝地涼 上地雄輔 池松壮亮
高畑充希 / 宮崎あおい 貫地谷しほり / ユースケ・サンタマリア
本上まなみ 田口トモロヲ 徳井優 大鷹明良 岩松了 大杉漣
鶴見辰吾 光石研 石田えり / 佐藤浩市
監督:石井裕也 脚本:奥寺佐渡子

(C) 2014「バンクーバーの朝日」製作委員会



さて
『靑い種子は太陽のなかにある』 の申し込みで、今、かなり金欠なんですけど
どうしましょう (笑)




スポンサーサイト

| 映画 『バンクーバーの朝日』 | 00:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

namiさんへ

うわぁ〜そうなんですね!
それは確かに、どうしましょう組ですね(≧m≦)

わかります。
そういうツイばかりを目にして、あのKAT-TUNライブへの参戦を我慢するなんて、至難のワザですよね。
namiさんは負けてしまいましたか(≧m≦)

帰宅後に寝込まれることは心配ですが、1日一回公演ですし、公演以外をゆっくり過ごして、できるだけ体力温存で臨んで下さいね!
私も手術後のライブはそうしましたから(≧m≦)

またnamiさんと同じ空間でKAT-TUNを、亀ちゃんを感じられるんですね。
一緒に楽しみましょうね!

| バブ | 2015/04/25 01:43 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/04/24 10:34 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bubkame.blog50.fc2.com/tb.php/7208-aefeaf13

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT