precious memories

亀梨和也が好き KAT-TUNが好き そんな気持ちをありのまま、感情のままに綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『セカンド・ラブ』 6話

亀梨くんからメールが来ましたね (≧▽≦)
まさか今日メールが来るなんて全くの予想外だったから、嬉しかった~

まぁその分、今日の舞台挨拶に行けない悲しさをグーーーーっと我慢して、なんなら舞台挨拶なんてなかったことにしようとすらしてたのが、現実を突きつけられた気分にもなりましたけど (笑)

今回は申込みもしませんでした
感謝してくれてるなら、全国回ってほしかったぞー(笑)

でも、行ける皆さんは存分に楽しんで、亀梨くんに拍手を贈ってきてあげてくださいね

あぁ・・・
会いたかったな・・・・


夕べの 『セカンド・ラブ』
ソファーから走ってバックハグの流れ、あの強引さに無性にドキドキ
あれはカッコ良かった~

でもこのドラマ
すごく引き込まれる部分と、一気に引いちゃう部分が混在してますな
感情移入しそうになっては、「えぇ~・・・」

帰ってこない慶に対するゆいの気持ちに傾きかけていたのに、職場まで行った行動に呆れた
男の職場まで行っちゃう女は、私の中ではあり得ない ( ̄▽ ̄)

先週の慶に対する怒りが、ちゃんとゆいに伝えたことで薄れてかけていたのに、
仕事も親も捨ててついてこい、でも結婚はまだ考えられない、これが俺のプロポーズ・・・
わからん ( ̄▽ ̄)

バックハグからの強引なキスに萌えて、抱きしめ返そうとした手をギュっと握って我慢したゆいの気持ちに引き込まれてたのに、
結局やるんかい!!

でも、それだけ感情を揺さぶられるってことは、結局このドラマにまんまとハマってしまってるということですな (笑)

慶 「綺麗・・・」
あんたもな

いやでもほんと、元カノと車の中にいる時のフロントガラス越しの慶、めっちゃくちゃ綺麗だった~

ついでに、いつもの私と友人たちの会話もちょこっと載せておきましょう

「迫るシーンリピ中。 爆乳やな。 けどこれ、脱がせるところ、亀ちゃん胸見ないように配慮してない?」
「だって、いつも手、おかしいよ」
「見せてあげて! 減らんし、爆乳」
「ちょっと減っても私の3倍はあるわ」
「私の5倍はあるな (笑)」

「ゆいは、死ぬんちゃうか?」
「そういうラストでもいいわ (笑) 残酷やけど・・・」
「予告じっくり見た。 確かに、死んでてもおかしくないな」
「あの生徒に刺されるとか (笑)」

ラスト、全く予想できません
それだけに、楽しみで仕方ない

ラジオレポまで書こうと思ったけど、長くなっちゃったので別にすることにします


スポンサーサイト

| セカンド・ラブ | 11:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bubkame.blog50.fc2.com/tb.php/7157-6be26307

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT