precious memories

亀梨和也が好き KAT-TUNが好き そんな気持ちをありのまま、感情のままに綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

KAT-TUN 名古屋 8/14  2部 レポ

座席はスタンドEブロ15列 (実質5列目)

横アリラストもだったけど、やっぱり正面から見ると照明やレーザーの美しさ、映像とのコラボがよくわかって、遠いからメンバーの顔は肉眼では絶対無理だけど、一度は入っておきたい座席です


『FANTASTIC PLANET』 『DANGEROUS』 の亀梨くんの腰振り、後ろ向きでのお尻振りは絶好調

最初の挨拶

亀梨
ヘィ名古屋!
調子はどーだい!!
今日は俺たちと一緒にビショビショに濡れるぞー!

田口
入口出口田口でーす
今日は最初から最後までぶっ飛ばしていくんで、俺たちについてこいよー!

上田
叫んでるか―!
叫んでるかー!
もっと声出せー!
腹から出せー!!
気合いで出せー!!
うるせー!!

中丸
名古屋公演最後の回だから、最高に楽しんでいこう!
声出した方が楽しいから!!

『DANGEROUS』
亀ちゃん&ゆっちのペアダンスは久々に “炎”

『HIDE and SEEK』
ソロダンスで亀ちゃん、黒シャツをバッと全開に!

『不滅のスクラム』 からのスタンドトロッコ
トロッコが動きだしてすぐぐらいに、歌の途中で
亀梨 「寝ちゃってる、寝ちゃってる」

子供が寝ちゃってたらしい (笑)

1部のレポで書いたように、バスクテ側Dブロ前でトロッコを降りた亀ちゃんとFブロ前で降りたじゅんのが私たちのブロック後ろ、Eブロを含むDEFブロを歩いて反対のトロッコへ

降りてすぐのところに子供を連れたお父さんがいて、亀ちゃん、その方に笑顔でお辞儀

そして私たちの後ろを歩いて通るんだけど、恐れていた通り、通路から4段下の私たちの座席からは、亀ちゃんが埋もれてしまってよく見えない!! (←こんなんばっかり (笑))

そのブロックを通りすぎたところで若い男性ファンが亀ちゃんに近づいていったら亀ちゃん、笑顔で頭下げてたんだったか、握手してあげてたかんだったか

その後、1部で私が座ってたブロックを通るのを見てたら、1部ではHブロとIブロ間辺りで止まったと思ってた亀ちゃんトロッコが、IブロとJブロ間辺りで止まってた
そうだったかな?
お尻向けられたショックで、1部の記憶がイマイチ・・・(笑)


【MC】

この日は雨の影響もあって、超蒸し暑くて
中丸 「急にみんなうちわで扇ぎだした」
亀梨 「暑いね!!」

突然いなくなるじゅんの
上着を脱いで出てきて、
田口 「俺の衣装絶対冬服だわ」

顔うちわでKAT-TUNに向けて扇ぐファン
亀梨 「俺たちのうちわがMC中なのにリズムとってる」
と、自分の頭を前後に揺らす

楽屋のブレーカーが落ちた、とじゅんの
ドライヤーを使いすぎたと

他メン、シーン
ファンも 「へぇ~」 な空気

田口 「俺の心もブレイクした」

今日のお客さんは幅広い、と亀ちゃんが言うと、じゅんの、体の幅を計るように、
田口 「どれぐらい幅とってるんですか?」

亀梨 「バーカ、どう見てもみんなスリムだろ!」

1部が終わって2部まで時間なくて、みんなでシャワー浴びてたら、田口のテンションがすごく高かった、と亀ちゃん
「♪テンション テンション」 と作詞作曲してたらしい

亀梨 「その後の歌詞。俺覚えてるよ。 ♪宝探しに テンション探しにGO!」

よく覚えたな (笑)

田口 「今日俺、暴走する」

ゆっち、インターネットですぐ書かれるから気をつけろと (笑)

田口 「インターネットに書かないねっと」
亀梨 「いいよいいよいいよ! じゅんのいいよ! カモンカモンカモーン!」

テンションが異常なじゅんの、自分に頭からドリンク (水) をぶっかける
亀梨 「カモンカモーン!」

煽っておきながら亀ちゃん、水浸しのステージに、
「お前のせいで、この後俺たち滑るだろ!!」

そしてステージをタオルで拭く亀ちゃん


男性も海外の方もカップルも親子も来てくれてる、と亀ちゃん
そしてスタンドトロッコで行った時に寝てる男の子のマネ

自分のタオルを置いて、別のタオルを持っていく亀ちゃん
田口 「それ、俺のタオルじゃね?」
亀梨 「どうせいつも拭かねーだろ」

突然
亀梨 「イテーー」

見るとアゴをおさえてる
タオルで拭こうと思ったら、タオルがマイクに引っかかって、マイクのお尻がアゴにゴンッ

亀梨 「マイクがしゃちほこになった」


またヤフーニュースを見たお話になって、
中丸 「In Fact (←) が続編やるって書いてあった」

ツッコまれるゆっち (笑)
中丸 「ほんと揚げ足とりだな」

『ファースト・クラス』 続編に、嬉しいなと思って読んでいったら、「キャストは一新する」

もしゆっちが続編に出るなら、その記事が出る前に知ってるはずだろ、と亀ちゃん
そりゃそうだ (笑)

でも、よく記事を見たら、パート1のキャラももしかしたら出るかも、と書いてあったから、自分も出るかも、とゆっち

亀梨 「遠距離だよね? 沢尻さんに浮気されてたら、出番なし」

亀梨 「手紙参加でナレーションあるかもよ」


突然、雑にハケるじゅんのとたっちゃん
亀梨 「カモンカモンカモーン!!」

この 「カモンカモーン」 、昨日の亀ちゃんのマイブームか? (笑)

何度か繰り返す 「カモンカモンカモーン!」

客席から手拍子が始まると、上半身裸のじゅんのが一瞬だけ登場


そしてこちらも突然、マイクを通さず
亀梨 「あつーーーい!!」


この公演が、ツアーのちょうど半分だとゆっち
前半は粗があって新鮮さがあるけど、後半は完成度が高くなる
つまり、
中丸 「今、中途半端だから」

亀梨 「俺は最初から頑張ってるから」


ライブはお客さんに育ててもらってる、と中丸くんは言いたいんですね、と亀ちゃん
中丸 「それを6文字で言うと、中途半端」

6文字? (笑)

中丸 「ライブは毎回同じものではないんですよ。 俺、そこが好き」
中丸 「ライブはテレビと違って自由度が高いから、俺、そこが好き」

そうなんですよね
よく、このヲタ活を理解してくれてない人からは、同じツアーに何回も入ることを言うと、「同じものだよね?」 って言われるけど、違うんですよ
同じものではないんですよ
舞台やドラマとは違って、毎回必ず何かあるし、パフォーマンスだって毎回違って見えるし、MCだって当然毎回違うし

私、そこが好き

中丸 「KAT-TUNのライブに来てくれる人は、仲間だと思ってるんだけど。 お茶の間も嬉しいけど、CD買いに行ってくれるのも嬉しいんだけど、ライブって雨降ってても来てくれるでしょ。 だからみんなのこと、好き」


そしてじゅんのとたっちゃんが登場するも、
上田 「1人でやってみろよ、面白いから絶対」
とハケる

1人になったじゅんの
田口 「さっき、トイレに閉じ込められた」

個室に入ったじゅんの、開けようと思っても開かない
でも、上のほうをクッとやったら開いたらしい

田口 「よかった、みんなに会えて」

(たっちゃんに) 田口 「帰ってきて」

たっちゃんの苛立った話
本番15分前にスマホで音楽を聴こうと思ったたっちゃん
スタートボタンを押す1歩手前で、
上田 「こいつ (田口) が、でっけーアニソン流して、ノリ始めたんだよ」

そのアニソンを知らないたっちゃん
しかもじゅんのはそれに合わせて踊りを踊ってたらしい

上田 「あれは相当苛立った」

田口 「私の歌を聴けーって言ったんだよ」

そしてじゅんのがその歌を歌うんだけど、なんの曲か全然知らない私はポカーン (笑)

ここで着替えた亀ちゃん&ゆっち登場
亀梨 「だから俺、イヤホン買ってきた」

家から持ってくるのを忘れて、新幹線乗る前にキヨスクでわざわざ買ったらしい (笑)

ゆっち、音楽かけてもいいけど、みんなが 「イイネ!」 ボタン押さないとダメっていうルールにしようと

結局、みんなイヤホンするから好きにしろと

田口 「いいの? 俺、遠慮をしらないよ」
亀梨 「お前が遠慮しらないの、100年前から知ってるよ」
田口 「俺らももう101年目か」

また田口がドリンクケースを片付けることになるのであった


最後の挨拶

中丸
最っ高に楽しい時間を皆さんと過ごせたことは嬉しく思ってます
後半戦はまた気合いを入れて、いいものをしっかり作っていきたいと思います
ライブ以外も隅々まで応援してくれたら
近いうちに会えることを楽しみにしています

上田
暑いですね
体を動かして暑いのか、お客さんの熱気なのか、水鉄砲の水なのか
皆さんと騒いだり水鉄砲をかけあうことはとても楽しくて、毎日でもやりたい
(水鉄砲はかけあってはいないぞ。 ファンが一方的にかけられただけだぞ (笑))
来年も再来年も名古屋に来たいと思います

田口
出し尽くしちゃいました
楽しかった?
みんなが来てくれて僕らを支えてくれて
ほんとにありがとうございます
ハイフンはKAT-TUNの文字に入ってるし、一緒に進んでいく存在なんだとすごく感じました
これからは毎年来れるように頑張っていきます

亀梨
ビショビショです
ちゃんと濡れた、みんなも?
濡れてねーだろ
ちゃんと濡れた?
濡れてねーだろ (笑)
出し尽くしましたね
久しぶりのツアー、こうして同じ時間を過ごすことは大切なことなんだと毎公演感じてます
胸を張ってここに立てているのは、まぎれもなくハイフンのおかげなので、その気持ちをしっかり受け止めつつ、更に大きな力として返せるように、共存しあっていきたいと思います
また来年、名古屋で会いましょう


アンコール
『SUNRISE』

ゆっちが、グランキューブ大阪と同じ間違い、1番が終わって 「ずっと永久も」 のところを、「共に歩む」 と歌ってしまって

すると、続く亀ちゃん、
「♪また中丸最後の最後 どうして間違えるの どうして どうして どうして!」
替え歌 (笑)

おかげで次のじゅんの、「わかんなくなっちゃった!」

中丸 「♪あの日はなんで 歌詞を間違えるの」

爆笑
うん、やっぱりまだ中途半端だねっ (笑)

そしていつもの、「ありがとう!」 「バイバイ!」 「また会いましょう!」 からの 『Peacefuldays』


かなり長い時間、Wアンコールの掛け声があったけど、新幹線の時間があったんでしょうね、Wアンコは叶いませんでした


あー
それにしても、本当に今年のツアーも折り返しにきちゃったんですね
まだ先はあるけど、それでもやっぱりなんとなく淋しい・・・

明日と明後日は仙台ですね
行かれる皆さん、ビショビショになるまで騒いで楽しんできてください!!

私はまた長く感じるであろう1週間、福岡公演まで日々頑張ります!


スポンサーサイト

| KAT-TUN(コンサート) | 20:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

keiさんへ

最近は流石に1日2公演が体に堪えるようになってきました(笑)
しかも名古屋は雨で本当に蒸し暑くて^^;

keiさんも経験がお有りですか(笑)
あとちょっと!の寸前のところでお尻を向けられる虚しさ、たまりませんよね(笑)
私も念じながらガン見してたんですが(笑)
至近距離で真正面から亀ちゃんのお顔を拝見したかった〜!

福岡ではkeiさんがお尻担当にならないように祈ってます!(笑)

昨日仙台ではそんな微笑ましいシーンがあったんですね(^^)
きっとそのご本人は、最高の思い出ができたことでしょう。
冬生まれの私には叶うことのないハピバです(笑)

グッズ、昨日もブレスが売り切れたみたいですね。
今日の分はちゃんと確保できてるとからしいですが、それはそれで昨日しか行けなかった方たちが気の毒ですよね。
名古屋も何故かすっごい行列で、ブレスが売り切れてしまってたらしく•••
事務所、もうちょっと学習しようよ(-ω-;)

あとはお天気ですね。
昨日の仙台もやっぱり雨だったみたいで。
今年のKAT-TUNライブ、一体何回雨の心配をしなくてはいけなくなることやら^^;
福岡、広島はお天気に恵まれるといいですね。

今日が終われば、次はいよいよkeiさん、KAT-TUNに会えますよ!
一緒に全力で楽しみましょうね!!

| バブ | 2014/08/17 08:38 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/08/16 23:19 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bubkame.blog50.fc2.com/tb.php/6837-1f9faa22

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT