precious memories

亀梨和也が好き KAT-TUNが好き そんな気持ちをありのまま、感情のままに綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

KAT-TUN 亀梨和也のHANG OUT 第147回

今日は甲子園でプロ野球のオールスターゲームがありますが、来阪していた亀梨くん、この機会に観に行ったりはしないのかな~

他のお仕事があって、東京に帰らなきゃいけないのかな
今日の先発はセ・リーグが藤浪投手、パ・リーグが大谷投手で面白くなりそうなんですけどね (^^)


さて
では、ライブレポの前にこちらを先に

おはようございます
7月19日土曜日の朝
皆さんいかがお過ごしですか
亀梨和也です

そう~学生の皆さんはいよいよ夏休み
ということで、今年も楽しい夏に、してほしいなと、思います
そして本日、お詫びも、あります

改めましておはようございます
KAT-TUNの亀梨和也です
さぁ今日も宜しくお願い致します


メッセージ
国際フォーラムでの公演、おつかめ様でした

おつ亀様でした (笑)

私は横浜アリーナに参戦するのですが、もちろん国際フォーラムより広いので演出も少し違うのかなとワクワクしてます
そこで亀ちゃんに質問
ライブの時にハイフンにこれだけはやってほしいということがあれば教えてください

これだけはやってほしい?
まぁその場の、空気を楽しんでもらうことじゃないですかね
あ、ただ、オープニング、ちょっと声出してもらえたら嬉しいなっていうのが
あの、1つ意図として (←ちゃんと、“いと” って言いましたよね?)、映像で、やってるのがあるので、それをやっていただけたら、なんか、KAT-TUNと、ファンの皆さんの、come hereが、1つ、また盛り上がる、のではないのかなと、思っているので

ま、あと基本的に、うん、楽しんでもらえたら、なんでもいいです、来ていただいて


リクエスト
『COME HERE』 いいですね

ありがとうございます

夏らしくウキウキする感じなのにちょっと懐かしい感じもしてすごく聴きやすかった
他の曲も今までと雰囲気が違う、でも亀ちゃんとKAT-TUNになっていてカッコいい
色々な経験を重ねてきたからこそ湧き出てくる表現力なんでしょうか
これからの大人のKAT-TUNに期待しています
ライブには行けないのでリクエスト


KAT-TUN 『COME HERE』


KAT-TUN全国ツアー 『come Here』 初日、東京国際フォーラムでの感想メール

ちなみにこのフォーラムは僕ら12年前に、やらしてもらった、初めてコンサートをやらしてもらった思い出の場所です

① 先日の国際フォーラム初日行ってきた
今まで全てのツアーに参加していますが、今回は久しぶりのツアーということもあってか、ぐっと大人っぽくセクシーになっていた
本当に距離が近くて12年前を鮮明に思い出した
当時中学生だった私も立派、かどうかわからないですが社会人になり、今もこうして亀ちゃんを応援していられることがすごく嬉しい
他の会場も楽しみ
今年も熱い夏になりますように

ということで
当時中学生だったんですね
いや12年前、だから楽屋とか最初違うとこ用意してもらってたんだけど、ちょっと、12年前と同じ楽屋使っていいですかっつって俺がスタッフさんに言って
楽屋を、そっちに移動さしてもらったり
ちょっと僕らも12年前の感じを楽しましていただきましたけど

なんかすごい良かったですね、あの距離感でお客さんと、ライブっていうのはほんとに、12年ぶりだからね
これもこれで1つ、あの、うちのグループの形としてなんかあってもいいのかなって、思ったり

まぁお客さんと近いってこともあって僕の腕にはね、たくさんのハイフンの皆さんの爪あとが残ってますけど (笑)
フッハハハハハハ
いやみんなオシャレでね、してきてくれてるから全然いいんですけどね
シャワー浴びた時にちょっとしみたなという
フフフッ

まぁでもほんとに、うん、いい初日を、切らしてもらいましたね
もう僕らとしてはその東京ドーム、京セラドームというドームクラスでのライブというのは、しっかりと作り上げていけるグループ、でいたいなという思いもありつつ、ま、今回のこの~、また新たな角度というか、デビューしてから初めての試みのこのツアーというのは、すごく有意義なツアーになっていくんじゃないのかなというのは、感じております


フォーラム、大阪と終わって、亀ちゃんの腕にはいったいいくつの傷ができたんだろう ( ̄▽ ̄;
それを笑って 「全然いいんですけどね」 という亀ちゃんが愛おしい


② 今回のコンサートも素晴らしすぎて、すごくテンションが上がり、感動した
いつも思いますが、スクリーンに流れるCGや映像がすごくカッコいい
たまに映像を見たくてKAT-TUNを見るのを忘れてしまう
私は今、映像関係の仕事をやっていて、近々CGの勉強を始めるつもりです
最近仕事がうまくいかなくて、ずっとイライラしていたけど、今日ライブに入って、忘れかけていた夢を思い出した
スクリーンに流れる映像に何か拘りはありますか
今回一番気に入ったのは、『HIDE and SEEK』 と 『MY EVERY TIME』 です

これはですね、もちろん、自分たちの映像チームっていうのもあの~ライブの時に、いて
色々意見交換で、任せるとこは任せてここはこうしてほしいっていうとこは話さしてもらってるんですけど
『HIDE and SEEK』 とかは、めちゃくちゃ、自分、拘りましたねぇ
あの歌詞の出し方であったりとか、イメージを伝えて、出来上がり持ってきてもらって、「あ~でもこここうじゃない、あぁじゃない」 っていう話とかも、結構、うん、やらしてもらってますね

そうだから、もちろんねその、映像チームの、方たちのアイデアとかもいただきつつ、自分のアイデアも乗せながらというか、やらしてもらってるんですけど
そういった意味では非常に、あの~、スタッフさんはもう何十年も前から一緒にやらしてもらってるスタッフさんとかで
うん、めちゃくちゃいい関係性の中、作らせてもらえてるなっていうのは、ありますね

なので最後の、ま、来ていただくとわかると思うんですけど一番最後の、出し方も、ま、これは1つあのカウントダウンときに、やったんですけど今回ちょっと違うバージョンというか、違った見せ方でKAT-TUNという、ものを見せたりとかしてるんで
そこらへんもね、注目して見て、いただけたら、嬉しいなと

でも映像のね、CGとか、今すごく進化してますから
○○さんにも頑張ってほしいですね
ぜひね、KAT-TUNの、現場に入ってもらって、一緒になんか作れたりしても面白いですよねほんとに



③ 心の底から楽しかった
クラブ的な感じでみんなで踊って盛り上がるところ、映像や照明で魅せるところ、しっかり浸るところ
そのセクションで色んな魅せ方を駆使していて、ドームとは違う迫力とスマートな大人っぽさを感じた
KAT-TUNのステージはやっぱり間違いない
まだまだ引き出しを感じて、ポテンシャルの高さと絶対的なセンス、たゆまぬ努力、熱い情熱を感じて、やっぱり私の中でKAT-TUNに敵うやつはいないと確信した

ありがとうございます

気になったのですが、亀ちゃんのソロは私服ですか
雰囲気が私服っぽいのと、あのブルゾン、3年前にスマステで着ていたなとフと思った
もちろんめちゃくちゃカッコよかったです
ダンサーさんがそれぞれソロで踊る演出も素敵でした

僕のソロは私服です!
全て
で、あのブルゾンなんですけど、もう俺がもう10年近く前に買ったやつ、を引っ張りだしてきて
そうそうそうそう
で、まぁソロのその、ま、服は私服なんですけれどダンサーさんがそれぞれ踊る部分っていうのも、ジャズっていうの?
KAT-TUNのライブであまりジャズって取り入れないんだけど、の曲調もあり、うん

ま、今回その、僕のソロ曲 『Emerald』 という曲は、あの、サビで四季を歌っているので、ちょっとその四季の風をイメージして
衣装だったり、あの、ダンサーさんのね、衣装であったり踊りっていうものを、演出、さしてもらったんですけど

ま、とにかく僕のソロは今回、亀梨和也史上いちばんシンプルなんじゃないかっていう
俺基本なんもやんないから
フハハハハハ
歌を歌う
みたいな
ま、これはこれで1つの形として
なかなかドームとかだと

ま、今回俺の、思考としては、あの、ま、ずっとねありがたいことにほんとにドームでライブやらしてもらっていて今回こういうアリーナ、ホール
ま、もちろんアリーナ・ホールも十分デカイんだけど
じゃないとこう出来ないようなことをやろうって逆算の発想で、今回全部作っていったので
その辺を楽しんでもらえたら、いいなと、思います

さぁというわけで今お話いただきました、自分の、ソロ曲
改めて聴いていただきましょうか
サビの、四季、歌詞にも注目してください



亀梨和也 『Emerald』

 
さぁそしてこの 『Emerald』 にですねぇ、質問メールが、来てると

この歌は、夏・秋・冬・春と四季が入っていますが、なぜ始まりが春ではなく、夏なんですか
意味とかあったら教えて下さい

ま、これはあの、自分作詞さしてもらってるんですけど
ま、ツアーが7月からということで、夏に、出会う
まぁ、ハイフンのみんな、ま、ライブ、でね、会う、のが夏からということで
その1年を夏からスタートさせたら、どうかなという、思いで、夏からにしました (笑)
ハハッ
です!


そうなんだ
私、てっきり、エメラルドの瞳の恋人に出会ったのが夏だったからかと思ってた (笑)

さぁそしてですね、あの~、ここで、ひとつ、お詫び、訂正があります
7月の5日、放送
このHANG OUTでですね、KAT-TUNカクベツ№1、雨の日ソングでちょっとですね、不手際が、あったということで
メールをたくさんいただきましたと


メール
前回のKAT-TUNカクベツ№1、雨の日KAT-TUNソングで、2位の 『WALKING IN THE LIGHT』 が、放送では 『TO THE LIMIT』 が流れてました
今一度、『WALKING IN THE LIGHT』 が聴きたいです
以後、こういうことがないように気を付けてください

すいませんでした!
このスタッフさんも、反省しておりましてですね、僕が今日スタジオに入ってくるなり、「すいませんでした」
「え、どうしたの?」 「いや、実はこうこうこうで」 ということで
まさかの 『TO THE LIMIT』 が流れたという
ほんとに皆さん、すいませんでした

でね、あの~KAT-TUNの曲を知らないリスナーの方は 『WALKING IN THE LIGHT』 が 『TO THE LIMIT』 とごちゃごちゃになっている方もいらっしゃるかもしれないので、今一度、ここでちょっと、雨の日KAT-TUNソングの2位の、 『WALKING IN THE LIGHT』 を、かけさしていただきたいなと、思います
ほんとに皆さん、え~申し訳、ございませんでした


OPでお詫びって聞いた瞬間、このことだろうとは思いましたけどね (笑)


KAT-TUN   『WALKING IN THE LIGHT』

さぁというわけでですね、KAT-TUN 『WALKING IN THE LIGHT』 を聴いていただきましたが
このミスでスタッフさんがですね、頭を丸めてお詫びしますと、言っているんですが
僕が出会ってもう何年前ですか、3年ぐらいになりますか、3年前から、坊主です
フハハハハハハ


いやいや、坊主にまでしなくていいよ! と思ったのに
笑った (笑)


~エンディング~

さぁいかがだったでしょうか
第147回KAT-TUN亀梨和也のHANG OUT


インフォメーション
ただいまKAT-TUNは全国ツアー真っ最中です
来週7月26、27日は横浜アリーナ公演
この横浜アリーナは2回公演ということで
2回公演も久々だからね、1日に
ウィ~っていう感じじゃないですけど (笑)

までもたくさんの方にね、来ていただけたら、嬉しいなと、思います


ウィ~っていう感じって、どんな感じですか (笑)

そうそうそう
この1日2回公演
ツアースケジュールが発表になった時に最初に思ったのがこの1日2回公演

・・・・・KAT-TUNの皆さん、年齢的に大丈夫か?

でした (笑)
次の横アリは昼公演も夜公演も続けて入らせてもらうので、1回目と2回目にどれくらい差が出るか、よーく見てきたいと思います
特に最年長ゆっち (≧m≦)


リョーツさんは、学生の頃、夏休みの宿題は早めにやったほうですか
ちなみに僕は、後半、ギリギリでやってました
ギリギリで・・ギリギリで
そのあたり、ド~ヨゥ!?

それではお相手はKAT-TUN亀梨和也でした
僕とはまた来週ぅ
じゃぁねん


スポンサーサイト

| KAT-TUN | 12:10 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

namiさんへ

わーかーりーまーすー!!
私も本当にあのソロパートが大好きで、あれを聴く為に鬼リピしたと言っても過言ではないくらいで(笑)

KAT-TUNの曲って、最初に聴いた印象より、何度か聴くうちに何て良い曲なんだろうって思う曲が多いんですよね。
今回のアルバムもほとんどそうでした(≧m≦)

| バブ | 2014/07/20 12:26 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/07/20 10:45 | |

namiさんへ

どうしましょう。
私も最下層のファンなんですけど(笑)
本当に、私もnamiさんと全く同じことを思ってたんです。
みんな、すごいなぁって(笑)

曲が流れても、あ、こんな曲だったんだ、程度でして^^;
だから、歌詞なんて全く覚えてなかったし、これが雨の時に聴きたいと言われても、全然ピンときておりませんでした(๑≧౪≦)

あの曲は私のfavoriteソングには入っておりませんでしたので、購入して最初に何度か聴いただけで、あとはほとんど•••
確か、トゥーリミのカップリングでしたよね。
トゥーリミに関しては、私はそれぞれの空が好き過ぎて、そればかりを鬼リピしてたので、尚更ですね(笑)

| バブ | 2014/07/19 23:50 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/07/19 22:21 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bubkame.blog50.fc2.com/tb.php/6798-c9b37dc3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT