precious memories

亀梨和也が好き KAT-TUNが好き そんな気持ちをありのまま、感情のままに綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

KAT-TUN 亀梨和也のHANG OUT 第141回

今、こちらではゲリラ豪雨になっております
昨日は夕方に大阪でゲリラ豪雨になったし
梅雨ですね

今日は来月のKAT-TUNツアーに向けて、翌日仕事がある遠征者の宿命、夜行バスの予約を完了させました
だから絶対チケット当ててください ( ̄▽ ̄)


今日のラジオはテンション高めで元気な声でしたね (^^)

おはようございます
6月7日土曜日の朝
皆さんいかがお過ごしですか
亀梨和也です

もう、KAT-TUNの新曲、『In Fact』 は、CDで聴いて、いただけましたか?

改めましておはようございます
KAT-TUNの亀梨和也です
さぁ今日も皆さん宜しくお願い致します


メッセージ

新曲発売おめでとうございます
楽屋のコーナーが、遂に楽屋を飛び出してロケということですが、裏話などあったら教えてほしいです

裏も何もないま (←って聞こえた)、そのままだよあれは、もう
楽屋のコーナーもほんとに、ナチュラル、どナチュラルですよ
フハハハハ

あの、ちなみにこの楽屋のコーナーというのはですね、KAT-TUNのあの~シングルの時に、プロモーションビデオ、の、メイキング、ということで、色々、あるんですが
その中にスペシャル特典ということで、楽屋のコーナー、KAT-TUNの楽屋のコーナーという中丸くんがですね、拘っている、ゲームコーナーがありまして
今回はその10回目ということで、屋上でバーベキューをやったんですよ
で、バーベキューをやりながらゲームをやる
で、いつもこのゲームが、ルールが曖昧で、やりながら決まってくという
ほんとにゆる~い感じの、物として、しっかり作っているというよりも、とにかくなんか、わちゃわちゃやってる僕ら、を、まぁ楽しんで、いただけたらなと、いう感じのやつなんですが

でも今回バーベキューやったんですよ
で、1つミスは、風が強いのに、紙皿とかだからもう飛んでいく飛んでいく!
んで、その中でもちゃんと美味しく食べたかったから、焼きそばを僕は、丁寧に作って (笑)、最後みんなに、締め、よければ、いいかなと思って
一生懸命僕が焼きそば、ゲームなんかどうでもよく焼きそばを作ってました
フフフッ

でもぜひねあの、ま、PVも含め、映像もね、付いてますのでCD、手に取っていただけたらなと思います


ゲームなんかどうでもよく、って (笑)
亀ちゃんがあんまり映ってなかったから、ちょっと淋しかったぞ
でもあの焼きそば、めっちゃ食べたかったです

今回は 『In Fact』 リリース記念で新曲をたっぷり


KAT-TUN 『In Fact』

(CM明け)
KAT-TUN 『Believe In Myself』

この曲はですねぇ、日本テレビ系プロ野球中継 『Dramatic Game 1844』 イメージソングそして日本テレビ系 『Going!Sports&News』 のテーマソング、にもなっているんですが

毎回そうですけどぉ、自分、野球中継のお仕事さしてもらったりとかしてて、東京ドームでこれが流れてる、試合中にね、ゲームの、イニング間に
これはですねぇ、僕としてはものすごいテンション上がる出来事で、試合中とかですねぇ、中継終わった後とかにあの試合のダイジェストとかを流れたりとかするんですけど、そういうとこでも流れたりするんですよ


え、逆に私、ハイライトシーンだけで流れてるのかと思ってたんですけど、それ以外でも流れてるってこと?
一度でいいから東京ドームでKAT-TUNの曲が流れてる野球の試合を観にいってみたいものです

・・・・もちろん対阪神で (笑)

これは嬉しいですね、うん
でもすごく、毎回~この 『Going!』 と野球中継の曲は、すごくポジティブな、メッセージ性の強い曲なんで、今回もすごく、いい仕上がりになったんじゃないかなと、思います



KAT-TUN 『MY SECRET』

え~こちらはですね、通常盤の初回プレス仕様バージョンに収録、ということで
カップリングというのはですね、あの基本的に、自分たちで、決めさしてもらってるんですよ僕らは
ま、表題曲はね、基本的に 『Believe In Myself』 もそうでしたけれど 『In Fact』 も、テレビドラマの、あのタイアップであったり、そういう、中であの~曲制作、さしてもらってるので、カップリングはとにかく、自分たちの意見がすごく尊重していただけてる、ものでして

で、今回はですね、ライブがですね、7月8日からスタートということでライブに近いということで、このカップリングは1つその、ニューアルバム 『come Here』 の、感覚にすごく近いところがあって
ま、ライブ~とかでは確実に歌っていくだろうなっていう、曲たちが、今回は詰まっています



KAT-TUN 『BLACK』

この曲はですね、ま、なかなかKAT-TUNでは、普段やらないようなテイスト、ということで、ま、ライブとかでもちょっと演出、で見せれるかな~というのもありまして
まぁでも、テンポはこういうテンポなんですけど歌割とかで結構、せわしなく、っていうのをすごくイメージして、作らしてもらいましたね

俺、このカップリングで “I'm sorry” って2つ、2回出てくんだけど2回とも全部俺が言ってんの
何で俺、「I'm sorry」 「I'm sorry?」
フハハハ フハハハ フハハハ
そうなんです


ウハハハハ (≧▽≦)
最初に聴いたときに、全く同じこと思いました
「亀ちゃん、なんで2曲も "、I'm sorry" のパートを歌ってるんだろう (笑)」 って (笑)
「なんで謝ってばっかりなんだろう、発音がいいから?」 って (笑)

さぁここでですね、あの~、ジャケットに、ついての、シングルジャケットについてのメールを読みましょう

1つ質問があります
今回のジャケット写真、亀梨くんの衣装がスカートのようだと一部ハイフンの間で話題になってます
あれはOLを意識しているのでしょうか
だとしたら可愛すぎます

でもあぁいうスタイルって俺昔から着てるからね
パンツ、の上にちょっとスカーフだったりスカートみたいな、腰に
までも今回のそのジャケットは、OLさん、その、中丸くんの出演しているドラマ 『ファースト・クラス』 の、オフィス? 会社? をイメージした、ジャケットにはなっているんですけれど


うん
だから私、あの衣装見ても全然違和感なかったんですけど (笑)

あぁいう普通の日常っぽいところにちょっと、オシャレな感じで佇むというのがテーマで、撮らしてもらいましたけど
うん、もしかしたらスタイリストさんの意図
(亀ちゃん、“いず” って言わなかった? 多分、この字ですよね?) にはそういうのがあったかもしれませんね
うん
わからないですけど



KAT-TUN 『DANGEROUS』

これは詞の中身はすごいKAT-TUNっぽいっていうかちょっと振付とかは趣向凝らしたいな
ちょっと面白いような、わかりやすいような
できるかなぁ~っていうふうに、思っていますが

さぁ今回はですね、シングル 『In Fact』 は、3タイプ、リリースさしてもらっております
初回限定盤には、『In Fact』 のビデオクリップ&メイキングDVD
そして通常盤のプレス仕様は、その4曲プラスそのオリジナルカラオケ
そして通常盤にはですね、『In Fact』 『Believe In Myself』 に、『Birds』 という曲が、収録されています

この 『Birds』 っていうのがですね、実は僕ら、相当こだわってまして
やってるようでやってない
ある意味王道を、突いた、曲で
ちょっとKAT-TUNとしてもこういう楽曲ちょっと、今後押していけたらなという、予兆?
うん
まぁ、そういった1曲になってくれたらなというふうに、思ってます



KAT-TUN 『Birds』


~エンディング~

さぁいかがだったでしょうか
第141回目 KAT-TUN亀梨和也のHANG OUT

インフォメーション
シングル 『In Fact』 が絶賛発売中
そして、6月25日水曜日には、ニューアルバム 『come Here』 もリリース
そしてそのアルバムを引っさげまして全国ライブツアーも7月8日から、スタートします

もう1ヶ月と、いうことで
あの~、ま、今回はねとにかくあの、会場選びから、アルバム曲、ちょっと違った角度のKAT-TUNということで違った角度を僕ら模索しつつ、チャレンジさせてもらって
ま、とにかく・・・フッ
(←この笑いがめっちゃ好きっ) どうなるんだろ

でもその “どうなるんだろ” を敢えて作り出してるというか
今回はそういったテーマが、自分たちの中にあるので、ほんとに、8日の、スタートが楽しみです
お会いできるのを楽しみにしております

リョーツさん!
今回のKAT-TUNの新曲 『In Fact』 は、ド~ヨウ!?
海にも、合うと思います

それではお相手はKAT-TUN亀梨和也でした (笑)
僕とはまた来週
じゃあねん


ヤバい・・・・
ハゲる・・・・
楽しみすぎて、絶対にハゲる・・・・
違った角度のKAT-TUNというのがまっったく予想つかない・・・・


スポンサーサイト

| KAT-TUN亀梨和也のHANG OUT | 11:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

namiさんへ

やっぱりちょっと気になりますよね。
さらっと聞き流してしまうことの方が多いでしょうが、目上の方たちと会話する機会の多い亀梨くんなどには、やっぱり正しい日本語•••と思ってしまって(^^;

確かに、英語とか違って日本語の場合、耳で覚えて間違ってしまうことが多いですね。
よく気になるのが、雰囲気を「ふいんき」と言ってる人。
(実は亀ちゃんが話す時もそう聞こえることが•••)
字で書けば、場合も雰囲気も正しい読み方が自ずと見えてくるものなんですが。
ですから、namiさんのご教育はすごく的確で素晴らしいと思います(^^)

「魔逃れる」ですか。
きっと本人は「まのがれる」が正しいと思っているんでしょう(^^;
よくそんな字を見つけ出したものですね(笑)
でも今は簡単に携帯やPCでいろんな変換文字が出てくる時代ですから、そういう間違いは増えてるんでしょうね。

あ、ツイッターの閲覧、おめでとうございます(笑)

| バブ | 2014/06/07 18:40 | URL |

namiさんへ

やっぱりですか。
じゃあ、他の言葉との聞き違いじゃなかったんですね(笑)
確か、他にもありませんでした?

周りの方たちは、きっとさら〜っと聞き流してしまって、気づかないのかもしれませんね(^^;
英語の発音は格段に上達してて、英会話も堪能になってるであろう今ですが、やっぱり日本語も正しくなくては•••(笑)
ばわい、とかね(笑)

| バブ | 2014/06/07 13:08 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bubkame.blog50.fc2.com/tb.php/6734-92bb4956

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT