precious memories

亀梨和也が好き KAT-TUNが好き そんな気持ちをありのまま、感情のままに綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

勝詣 4日2部終わりました

21:15に終了

開演前のKAT-TUN楽屋との生中継では亀ちゃん、髪がボサボサ
寝てたのかしら? (笑)

たっちゃんはしばらくソファで寝そべったまま

でも本番にはきっちり髪の毛をセットしてきてるのが素晴らしい

亀ちゃん、カップ味噌汁を食べてました


借り物競争始まる前、天の声のルール説明中に各々ストレッチやら準備体操を始めるKAT-TUN

すると亀ちゃん、驚いたような顔して袴の裾を捲り上げたと思ったら、片方の裾に両足入れてた (笑)

そのままステージ上で袴を履いたまま片足移動

器用だ


チーム分けは1部と同じ、青チームが亀ちゃん&ゆっち
赤チームがたっちゃん&じゅんの

私は1部はCゾーンだったから亀ちゃんたちチームだったけど、2部はAゾーンだったから敵チーム

15-13で情熱の赤チームの勝利
たっちゃん不敗成立!!

借り物の中に “紫のマフラー” があって、亀ちゃん、
「光GENJIの内海くんの色だね」

いや、亀ちゃん
紫は大沢樹生くんの色です!
内海くんは青です!(笑)

でも、亀ちゃんから内海くんの名前が出たのは元内海光司ヲタとしては超嬉しかった!


罰ゲーム

中丸
2005年3月のduetから

「チョコレートって本当に美味しいですよね。 それに愛がこもってるからもっと美味しいんで、思わずニヤケてしまいます。 僕は君の明るく優しいところがすごーく好きです。 これからもいつまでもそのままで。 中丸雄一」

やり終えた感想
中丸 「貝になりたい」


亀梨
同じく2005年3月のduetから

渡された紙を読んだ亀ちゃん
「これ別に恥ずかしくないよ」

読んだゆっちもたっちゃんも苦笑

結局、オチが無い気まずさが罰ゲームなんだということになり、

「ありがとう。 チョコレートは大好きだから本当に嬉しく、そして美味しくいただきました。 ほんの少しの感謝の気持ちです。 P.S 僕は大好きなので、これからも宜しくです。 from和也」

ファンやメンバーから 「フゥ~~っ!」 って言われる罰ゲーム

亀ちゃん、自分で、この頃から何も変わっていないと

繋ぎトークでもはっちゃけまくりの亀ちゃん

この回も下ネタ炸裂
メンバー全員で股関を押さえて 「イタタタタタ」 を何回もやってました (笑)

そして爆笑の 「私が神だ」
懐かしい (笑)

これの天丼は爆笑だったんですが、詳しくは後ほどレポできたらします


曲は
『僕なりの恋』
『歩道橋』
『precious one』


「KAT-TUNで映像を撮るならどんな脚本にしますか」 の質問から工場長小芝居が始まったり

亀ちゃんの脚本は正に亀ちゃんって感じの、あすなろ白書とか白線流し的な青春もの

あぁいうストーリーに憧れてるんだろうな (笑)


魔法を使えたら何をしたい?の質問では、
ゆっちは世界平和に繋がること…と素晴らしいことを言ったあと、「リモコンを “ウッ” ってやったら手元に来る魔法」

規模が違いすぎ (笑)

たっちゃんは “永遠の命”
「俺が皆に永遠の命を与えるよ。 4人でさぁ、ずーっとKAT-TUNでいようぜ」

亀ちゃんは1日8時間以上自分の時間が作れる魔法

ゆっちに、「願いだよ」 と言われてた (笑)


過去のグッズで気に入っているものは? の質問から、ゆっちが今後のグッズ用にファンにリサーチ

マウスパッド、マグカップ、お箸、女優ミラー
ゆっちイチオシは女優ミラー (笑)


黒いTシャツが多いKAT-TUN
亀ちゃんが客席に、黒と白、どっちが好きか聞くと、圧倒的に黒

亀梨 「ブラが透けるから?」
上田 「(股関を押さえて) いて、いてててて)」
亀梨 「白Tのが俺ら好きだよ」


最終公演だけにテンション高く、面白可愛いKAT-TUNでした


あ、亀ちゃんは明日の野球はピッチャーやるそうです (⌒▽⌒)


明日は私たちも東京ドームでのどごし夢のドリームプロ野球観戦

のどごしサイトに、この企画を盛り上げる為に写真撮影もOKだし、Twitterで試合の流れを呟いてくれとなっておりましたので、余裕があればいつものようにこのブログで呟いていきたいと思います



スポンサーサイト

| KAT-TUN(コンサート) | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bubkame.blog50.fc2.com/tb.php/6483-52e6bd05

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT