precious memories

亀梨和也が好き KAT-TUNが好き そんな気持ちをありのまま、感情のままに綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『COUNTDOWN LIVE 2013 KAT-TUN』 12/31 MCレポ

では、31日のMCレポです


亀梨 「京セラ盛り上がってるかい! MCカメーじゃないからね」
田口 「調子はどうだい!」

上田 「知ってます? こんな時間にライブやるの初めて」

確かに (笑)

中丸 「もうすぐ今年も終わりますからね」
亀梨 「あと50分近くで終わっちゃうんだぞ」

ゆっちから 『楔-kusabi-』 1位のお礼
亀ちゃんからは堀田家BAND1位のお礼
サビを歌いきる亀ちゃん

上田 「私事なんですが、やっと皆さんのおかげで食パンを食べました。 ありがとうございます」
田口 「減量中かよ!」

たっちゃん、『Peacefuldays』 で、いつもは最後の方に歌う曲だからボケて 「皆さん今日はありがとうございました!」 って言ったのに誰もツッコまなかったと (笑)

私、気付いてなかった~ (笑)

今日は酸欠気味だからツッコむ余裕がなかった、と亀ちゃん
始まる前に湯船に長く浸かり過ぎたらしい

亀梨 「エネルギー消費しまくり」
田口 「チン○ン代謝ですね」

下ネタだけはやめましょうよ、とゆっち (笑)

亀梨 「カメナシ、カメナシっすよ」

言っておいてお口ぱっくりの亀ちゃんがめっちゃ可愛い

中丸 「2013年の下ネタ納めにしましょう」
亀梨 「自分の名前言ってなんで下ネタなんだよ!」
中丸 「全国の亀梨さんに謝ります」

ステージ上の立ち位置で、下手が好きな人は下ネタ好きだとたっちゃん
下手には亀ちゃん、ゆっち (笑)

亀梨 「俺はムッツリじゃないよ! 俺は正真正銘の、はい、好きですよ。 女性が好きです」

ライブ中のように腰を振りつつ 「こんなことやってマジメなんですよっつっても」 と亀ちゃん
そりゃそうだ (笑)


2013年中にアクを出して2014年はクリーンにいこう、と亀ちゃん
2014年は一切そういうこと言わないで、毎日スーツらしい (笑)


昨日は公演が終わって23時頃会場を出て、疲れてるのに公演のDVDをお店に持ち込んで3時間ちゃんと見て改善点を探した、とゆっち
言い出したのはたっちゃん

会場拍手

上田 「皆さん忘れないでください、きっかけば僕です」
亀梨 「上田はDVD見れないのかなって言っただけ、お店で見るって言ったのは僕です」
中丸 「最終的にジャッジしたのは僕です」
田口 「盛り上げたのは僕です」

ナイスコンビネーション (笑)


『ON&ON』 の、カンチョーを取り入れた振り付け

中丸 「あれ、フリーじゃなくて振りなんですよ」

上手い (笑)

ゆっち曰く、そのDVDをチーフマネージャーや偉いさんたちを含めて見てた
カンチョーシーンで、30日はたっちゃんが気合いいれてじゅんのにカンチョーするために腰を落としてたと

そして再現するKAT-TUN

じゅんのにカンチョーされた亀ちゃん
「おぉ~」

爆笑

たっちゃんの腰が低いから刺せなかったゆっち
そしたらそれを見たマネージャーが真剣な顔して
「中丸くん、ここは刺したほうがいいよ」

大爆笑

個々の仕事があって集まるのが夜遅く、この振り付けも2時頃からやってたから、ナチュラルハイになって 「カンチョー入れようよ」 となったらしい (笑)

亀梨 「オンアンドオン (でグサッ) ですから」

中丸 「やめてくれよ!」
亀梨 「すみません! 2014年からクリーン亀梨になるんで!」


そしてチャッチャとクイズコーナーへ
30日と違って立ったまま、ゆっちが問題を読む形式

■第1問
2003年、ジャニーズファン感謝祭で亀梨くんはピッチャーを務めましたが、第1打席の相手は?

田口 「今井翼くん」
上田 「マッチさん」
亀梨 「タッキー(?)」
田口 「堂本光一くん」

答えはTOKIOの太一くん


■第2問
ファースト写真集でもしも生まれ変わるなら、で田口くんはなんと答えたでしょう

上田 「私は貝になりたい」
亀梨 「ピスタチオ」
田口 「焼き鳥屋」

正解は “神様”

上田 「俺に憧れてたんだな」


10分ほどでMC終了
カメラさんを引き連れてステージ裏に向かう前に亀ちゃんがカメラさんのカメラを借りてゆっちを斜め下からアップに映し、
「これが僕から見た中丸くん」

いつもその角度から亀ちゃんは見てるらしい (笑)


そして、『勇気の花』 が終わって2回目のMC

亀梨 「あと7分で、今年が、終わってしまいます」
田口 「ほんまでっか?」

今年も富士登山できなかった、とじゅんの

亀梨 「きっと今日来られなかったハイフンのみんなも、今日のコンサートのこと思ってくれてるはずですから、その人たちに届くように僕達も思いっきり年を跨ぎたいなと思います」

東京ドームでのカウントダウウンも楽しいけれど、単独ライブは嬉しい、とゆっち

ファンと一緒に年を終われることは、嫌なことがあっても全部忘れられる、とたっちゃん
上田 「こんないいことはない」

5分前
亀梨 「やり残したことないの?」
田口 「あと5分でできること・・カップラーメン作ろうか」

シラ~っとした空気の後、同じことをじゅんのに言わせる亀ちゃん
田口 「カップラーメン作ろう」
亀梨 「田口! 俺もそう思ってたんだよ!」
中丸&上田 「俺もだよ」
亀梨 「これでTVの仕事減らないかな」

滑るフリをして
田口 「2013年スベリ納めした! 俺もう喋んない」


突然、
亀梨 「2013年の俺を見せておこう」
と下手 (私たち側) の横花道を走ってくる亀ちゃん

手を広げてくるくる回りながら
「これでまた年を取るからピチピチの亀梨くんを」

可愛い (笑)

そして上手にも走って行って、くるくる

走り回ってヘロヘロになった亀ちゃん (笑)

中丸 「疲れた状態で年を越すのやめてください」
亀梨 「今年の分、出し切っちゃおうと思って」

亀梨 「年越した瞬間にムキムキムキムキ! ってこうカメが元気になろうと」

下ネタ? (笑)


マイク通さずに2013年に置いていきたいことを大声で叫ぼう、と亀ちゃん

中丸 「疲れ」


2分前
いつもは最後だけど、みんなで手を繋いで年をまたごう、と亀ちゃん

中丸 「今から手を繋いだら2分間手繋ぐことになる」


スタッフさんも一緒に、と呼び出すKAT-TUN
私の坐ってるブロックが通路前だったので、目の前の通路にしゃがんだ男性スタッフさんが1人
周りのみんなでそのスタッフさんも立たせ、一緒に手を繋ぎました

モニターにはカウントダウンの数字
10秒前からカウントダウン

KAT-TUNと5万5千人のKAT-TUNファンの年越し!!!!

感動しました


「明けましておめでとうございます」
お互いに言い合うKAT-TUN

私も友達と 「明けましておめでとうございます」


亀梨 「2013年にしっかりケジメつけたんで、しっかり俺らを見て感じてついてきて下さい。 2014年もどうぞよろしくお願いします!」


1人ずつ抱負
亀梨 「中丸さんから」
中丸 「僕からですか。 ちょっと考えさせて下さい」

基本的に楽しければいい、とゆっち
楽しんで活動していきたい

亀梨 「僕らが動くことで笑顔たくさんの、そんな年にしたいですね」


たっちゃんはKAT-TUNとしてファンの前にたくさん立って、俺らをたくさん見せていきたい

亀梨 「(たっちゃんの髪型を) スーパーサイヤ人の髪型ですか」


田口 「じゃあやりますか! 2014年一発目」
全員で 「入口出口田口で~す!!」

他メン 「お前、輝いてるよ!」


亀梨 「あまり大きな声で言えないんですけど」

(小声で) 「田口くんとの仲を深められればいいなと」

亀ちゃんもグループの活動を充実させて、まずはみんなを安心させたいと
個々の活動も更に活躍の場を広げてKAT-TUNに還元できるようにしたいと


亀梨 「けど、幸せだっ。 こうやってみんなとね」
中丸 「たまにはいいよね」
上田 「これ最高だぜ。 ほんと最高だと思う」


小声で亀ちゃん
別にイヤとか文句じゃないんだけど、東京ドームで毎年やるのもありがたいけど、

亀梨 「自分たちだけのファンの中で迎えられるっていうのは幸せなことなんだなって」

会場拍手

ジャニーズの中で迎えるのも幸せだけど、またそれとは違う、と (^^)


田口 「今日はハイフンニューイヤーですよ!」
他メン 「スベった」


ここでシューイチ密着について触れるゆっち
OAは1/5と、またいでもう1週放送があると!

だから全員でシューイチポーズをしたい、とゆっち

シューイチさんのカメラさんをステージ上に上げるKAT-TUN
引き上げてあげた亀ちゃん、小太りのカメラさんに向かって
亀梨 「結構重かったねっ」

そして、会場全部が映るようにカメラさんをメインステ階段まで上がらせて5万5千人で

中丸 「新年あけまして」
全員 「おめでとうございます!」
中丸 「せーの!」
全員 「シューイチ!!」


カメラさんがステージから降りるときに
亀梨 「この高さ降りるの、その体重だと危険だな~」
中丸 「ちょいちょい失礼!」


30日のOPの 『GIMME LUV』 も0時13分に放送されてるはずだと

亀梨 「ありがたいっすね」

亀梨 「いやぁ~なんか、落ち着いちゃったな」
田口 「ダメダメダメ! この後も熱い僕達を見せていきましょう!」
上田 「みんなどうやって帰るの?」

電車は動いてると

中丸 「大阪って店開いてるんですか?」


亀梨 「2014年一発目に目にゴミが入った」

と目をコシコシする亀ちゃん
なんだか可愛い

田口 「ハウメニー?」
他メン 「はい2回目~ (スベったのが)」

去年スベリ納めしたんじゃなかったのか (笑)


そして田口くんによる気合い

田口 「ヘイみんなー! 盛り上がってるかー! まだまだやるぞー! 朝までやるぞー!」
他メン 「やりませんよ!」

亀梨 「そんなギャグ、ナシナシカメナシっ」 (←めっちゃ可愛かった)

中丸 「大丸 中 (ちゅう) 丸 ナカマルです」

自分のネタも一生懸命考えるたっちゃん
でもなかなか出てこなくてアタフタしてる姿がめっちゃ可愛い!

上田 「横かなぁ下かなぁ 上田でーす!!」


年が明けてもクリーンにはなれないKAT-TUNでした (笑)


亀梨 「ラストスパート準備はいいかー!! アリーナ! スタンド! 2階!」


そして 『&FOREVER』



最っ高に幸せな瞬間を過ごすことができました
本当にありがとう、KAT-TUN


スポンサーサイト

| KAT-TUN(コンサート) | 14:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bubkame.blog50.fc2.com/tb.php/6480-13c2b448

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT